カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2018315日 放送

"サラダチキン"から"銘柄どり"までヒット連発!
「ひと手間経営」で躍進する鶏カンパニーの秘密

  • アマタケ 社長 (あまたけ ひでき)

安くて美味しい!しかも、高タンパクで低カロリーなヘルシー食材として、注目を集めている鶏肉!いまや日本国内での消費量は、牛肉、豚肉を超えて、NO1に躍り出ている。そんなブームの鶏肉の中でも、特に人気を集めているのが...コンビニやスーパーで売れまくっている「サラダチキン」だ!若い女性やダイエット中のサラリーマンの間では、ランチの時の「もう一品」として、すっかり定着しているという。この「サラダチキン」を日本で初めて売り出し、大ヒット商品へと育てたのが、知る人ぞ知る鶏肉の総合メーカー「アマタケ」だ。実はこの会社、鶏肉の生産から育成、加工、そして販売まで、全行程をカバーする業界でも稀有な存在。しかも「南部どり」など地域の名を冠した"銘柄どり"を日本で初めて商品化したメーカーでもあるのだ。「ひと手間カンパニー」を社是に掲げ、「より美味しく」「より安全に」「より健康に」を目指すアマタケ。その生き残りを賭けた独自戦略に迫る!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 社員の団結で 困難は乗り越えられる
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

鶏肉ブームの立役者!神髄は「ひと手間」経営!

若い女性から圧倒的な支持を受けて人気を博している「サラダチキン」。鶏の胸肉を加工した商品で、特徴は、何と言ってもヘルシーさにある。カロリーは1パック食べても100キロカロリーで、なんと…おにぎり半個分。この商品を日本で初めて生み出したアマタケには、新しい商品を続々と生み出せる秘密がある。それが社是でもある「ひと手間」をかける経営戦略だ。実はアマタケ、鶏肉の加工、新商品の開発などをする際、必ず、この「ひと手間」の工夫を追加することで「より美味しく」「より安全に」「より健康に」を実現して、新商品開発を進めている。新しいことに挑みながらヒットを生み続ける岩手の鶏肉メーカー、その独自戦略を追った!

日本初が続々…鶏のオンリーワンカンパニーの独自戦略

家畜用飼料の販売会社として1952年に創業したアマタケ。創業者の甘竹久は、事業を養鶏業などにも拡大させ、家業を鶏肉の総合メーカーへと変貌させた人物だ。現社長の父である3代目社長の時代には「より自然の風味を味わってもらいたい」と抗生物質を使わない飼育を実現するなど、アマタケは各世代で新しいことに挑戦してきた。時代を超えて、順調に存在感を増してきたアマタケに転機が訪れる。それが、2011年3月11日に起こった東日本大震災。岩手の大船渡に本社と工場があったアマタケにも津波が直撃。本社も工場も水没する大きな被害を受ける。当然、売り上げは激減し、会社は倒産寸前にまで追い込まれたという。そんな苦境の中で、アマタケの4代目社長が下した決断こそ、他のメーカーが取り組んでいない「ひと手間を必ず加える」という戦略だった。そして、その戦略で4代目社長の秀企は、どん底にあったアマタケを、ヒットを続々と生む企業へと生まれ変わらせたのだ。逆境の中で生まれたアマタケの新戦略!知られざる全貌を解き明かす。

組織を変える!社員を幸せにする!『ひと手間プロジェクト』

震災被害で厳しい状況に追い込まれたアマタケ。そんなどん底にあった会社を甦らせた4代目社長の秀企だが、実は、震災を通して、もう一つ重要なことに気付かされたという。それが「会社として社員や地元を大切にする」という信念だ。その信念を4代目社長の秀企は、こう表現する。「業績拡大の一辺倒ではなく、一緒に働いてくれる社員や、ここまで支えてくれた地元のために、会社が永続的に存続させる、それこそがアマタケが取り組むべき最重要課題だ」と。業界に様々な革新を生んできたアマタケが打ち出した“社員の幸せを徹底的に追求する”という新戦略、その舞台裏を徹底取材した。

ゲストプロフィール

甘竹 秀企

  • 1966年岩手県大船渡市生まれ
  • 1989年慶應義塾大学卒業
  • 1991年アマタケ入社
  • 2004年社長に就任
  • 2016年新企業スローガン
    「ひと手間カンパニー」を採用

企業プロフィール

  • 岩手本社:岩手県大船渡市盛町字二本枠5番地
  • 東京本社:東京都新宿区市谷砂土原町1-2-29
    K.I.Hビルディング2F
  • 創 業:昭和39年2月
  • 資本金:1億円
  • 従業員数:480名(平成30年1月現在)
  • 売上高:100億円(平成29年3月期)

村上龍の編集後記

先見の明とはアマタケのためにある言葉かも知れない。岩手の山里にありながら、創業者は養鶏をはじめてすぐに東京進出を目指し、先代は抗生物質フリーのブロイラーを生みだし、秀企氏は赤鶏の原種鶏を導入した。未来を感知する見識は、企業を成功へと導くだけではなく、信じられない苦難を克服する力となる。大震災によってアマタケが直面した危機は、想像を絶していた。創業以来続けられた無謀とも思える挑戦とその成果が、絶望的な状況を乗り越える原動力となった。そして、その最たるものは、培われた従業員の結束である。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 楽しくなかったら やめよう

    鯖や 代表取締役右田 孝宣

  • 言葉にならない“本音”に寄り添う

    リノべる 社長山下 智弘

  • ソフトクリームで 50億人を笑顔に

    日世 社長岡山 宏

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら