スペシャルトップへ戻る

だまされるな!アオイホノオ11のひみつ

庵野・山賀・赤井を含むクリエイティブ集団を指揮していた重要人物、岡田斗司夫が、物語の舞台である1980年代の世相や裏話を語ります!

岡田斗司夫プロフィール

8/2 更新第三話「アニメーターへの決定打」のひみつ

学食で南たちに誘われるモユル

背後を通る男子達は、やはりシャツをパンツに入れている。設定、細かいなぁ。

寝転んで、机に向かって、また寝転ぶモユル

妄想だけで仕事しないモユル。モユルは自分と庵野たちの差がよくわかっていない。才能ではなく作業時間の違いだ。パラパラマンガも、モユルの作品より庵野の作品が10倍以上も時間を要する。
モユルが落ち込むべきは、「自分が口と妄想のみ達者な怠け者だ」という事実なのである。

庵野の使っているアニメ用紙

庵野が使っているのはダイエーの計算用紙。
単価が安くて、おまけに紙が薄くて下の絵が見えやすい。・・・と本人が語っていました。

津田ヒロミと飲むポカリスエット

テーブルの上に、切り取ったプルタブが残っている。山賀が食べている「赤いきつね」だけでなく、今回登場する小道具のパッケージは1980年当時のもの。鉛筆や消しゴムも当時、本当に発売したモノばかりで統一している。

お好み焼き

近畿圏以外の地方から大阪に来た者ほど、自宅でお好み焼きをやりたがる。大阪人は、お好み焼きは外で食べるもの、と割り切っているから。自宅で食べる場合は、ちゃんと専用の「鉄板つきテーブル」を使う。
ちなみに、岡田家にも近所の鉄工所で作ってもらった厚さ10ミリ、タテヨコ60×90センチほどのガス式鉄板テーブルがあった。

アニメショップ「ベロ」

正しくは「アニメポリス ペロ」。東映直営のアニメショップであり、当時のアニメファンやマンガファンの聖地の一つ。大阪・梅田の東映会館3階にあった。ペロとは、東映長編アニメ「長靴をはいたネコ」の主人公ネコの名前。
ショーケースに並んでいる「マジックインキ」の初期パッケージなど、とにかく小道具さんご苦労さまでした。
モユルや庵野たちが見ているのは、そのペロ名物の「東映アニメオープニング集」の45分間エンドレス上映。

マジンガーZオープニング

当時のアニメファンと、庵野や赤井達との差は「アニメを読み取る読解力」の差であった。モユルが「ど迫力」などという抽象表現で自分を納得させているのに対して、赤井や庵野は「なぜこのシーンはど迫力なのか?」という疑問を持って見ている。
たとえばマジンガーが光子力ビームを撃つシーン。本編では直線的な光線なのに、OPでは同心円状の効果で「光が集中してチカラになる」という光線兵器の本質を表現している。ビームを撃った瞬間、Zのコクピットにいる兜甲児が口の端で笑う。つまり彼はこの「無敵のチカラ」を使うことに快感を感じていて、それは見ている視聴者の子どもたちにも伝わるのだ。

羽根さん、お見事!

東映の天才アニメーター羽根章悦さん。詳しくはwikiで見ればわかるけど、1964年の「風のフジ丸」から「火垂るの墓」「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」などの作画の最前線で活躍し、いまだ現役のアニメーターという怪物。
庵野が感動するマジンガーZでの作画演出や新しい表現は、だいたい羽根さんが作り出したもの。

グレートとゲッター

庵野や赤井が「グレートもいい」「ゲッターもいい」と言っているのは、作画演出を含めて「アニメとしてのメカニック、SF表現の新しさ」を切り開いたから。
対してモユルがグレートやゲッター(ロボ)の評価が低いのは、マジンガーほどのオリジナル性がない、と感じているから。
つまり、実はモユルの方がアニメファン的なのに対して、庵野・赤井はすでに「作り手の目」で作品を見ているのだ。

どうしてこいつら、調べようがないようなコアな情報を持っているんだ?

「アオイホノオ」には登場していない重要な人物がいる。名前は永山竜叶(たつと)。彼は庵野と同郷の山口県民であり、庵野が所属していたアマチュアグループ「SHADOW」の代表でもあった。永山の交友範囲は広く、実際に後の岡田斗司夫などのDAICONグループに庵野たちを紹介したのも永山である。この永山が当時、東京のアニメ同人誌を取り寄せたり、サークルに手紙を出したりしていたので、庵野や赤井はコアな情報を手に入れることができたのだ。

「こいつらは俺より先を行ってるかもしれません。でも俺より上を行ってるわけじゃない」

出た!これが島本マンガの魅力である「屁理屈と詭弁」!
「先を行く」というのはあくまで抽象的な喩えなのに、そこに「上ではない」という別の抽象概念を持ってきて、その語感のみで優劣や勝った負けたをこじつけようとしている。
「逆境ナイン」「無謀キャプテン」など、島本作品にはこういう屁理屈や詭弁が目白押しだ。しかし!この屁理屈の言葉のチカラで登場人物達も読者も勇気を貰って、明日に立ち向かうのだ。
かつてBSマンガ夜話で島本作品は「寝る前に読むと、やり場のない元気が出て困る」と評されたが、そのチカラいまだ健在なり!

「他人の能力が自分より上でも、けっして認めない」

この矢野健太郎の言うことは徹底的に正しい。他者を認めるとか、客観的になる、というのはクリエイターにとって別に必要な才能ではないからだ。
いまは認めなくてもいいんだ。いずれ、自分が彼と同じ高みに立ったとき、ライバルを超える作品を作り上げたときにはじめて、クリエイターは「過去の自分の未熟さ」を知り、恥じることができるようになるから。
これを松本零士先生の言葉に翻訳すると
「今は勝てなくても、歯を食いしばって耐えろ。それが男だ」ということになる。
庵野たちの才能を認めてしまい、もしモユルが苦しまなくなった時、その時こそがモユルが「何者かになる道」をあきらめてしまう瞬間なのだ。
頑張れモユル、苦しめ、モユル!

※あくまで岡田斗司夫さんの個人的な感想であり、事実とは異なる可能性もあります。

Pagetop

80年アナログシンセサイザーを駆使した渾身のサウンド!オリジナルサウンドトラック発売!!

島本先生と福田監督のスペシャル対談を収録!ドラマ24「アオイホノオ」Blu-ray/DVD BOX 2014年11月19日(水)発売!!

番組公式SNS
  • ドラマ24「アオイホノオ」twitter番組公式アカウント(外部サイト)
  • ドラマ24「アオイホノオ」facebook番組公式ページ(外部サイト)
  • ドラマ24「アオイホノオ」番組公式Vine(外部サイト)

おすすめドラマサイト