スペシャルトップへ戻る

だまされるな!アオイホノオ11のひみつ

庵野・山賀・赤井を含むクリエイティブ集団を指揮していた重要人物、岡田斗司夫が、物語の舞台である1980年代の世相や裏話を語ります!

岡田斗司夫プロフィール

8/23 更新第六話「学園か?SFか?」のひみつ

「久々に登場の矢野ケンタロー」

ヤノケンが登場すると、画面の華やかさが一気にUPする。ドラマ内で唯一「芝居口調」で発生するキャラだからだ。
いつもまっすぐに姿勢良く立ち、今回も増刊少年サンデーを「台本持ち」して、読みあげる。この瞬間、テレビドラマらしさは消えて、演劇空間が発生する。
ヤノケンは他のキャラとの集団演技やモブシーンは向いていない。この点、とんこと同様である。なぜかというと、このドラマ版アオイホノオではとんことヤノケンは「対称的な二つの役割」をしているから。モユルを無理やりな屁理屈で励ますとんこと、理性的に問い詰めるヤノケン。マンガ版ではモユルのモノローグのみで内面として描かれるシーンも、とんことヤノケンというキャラを使うことによって、よりドラマチックに構成できるのだ。

「どう見ても俺のマンガがこのマンガに負けているとは思えない」

増刊サンデー・マンガカレッジに入賞した『ガリベンくん』を睨みながらモユルはつぶやく。視聴者としては、そろそろこの『ガリベンくん』が気になってしかたないところ。これを描いて投稿した人も、まさか30年後にこんなカタチで世に問われるとは想像してなかっただろう。そろそろTwitterとかで名乗り出て、ノーカット版の『ガリベンくん』、読ませてくれないかなぁ。
先日の2014年夏コミケで原作者・島本和彦は当時サンデーに実際に持ち込みした『トータス1号』を同人誌として復刻した。岡田斗司夫も作者よりプレゼントされて一読したが、そのレベルが当時としては高いのか低いのか、正直わからない。
『ガリベンくん』と対比できれば、当時のモユル=島本和彦になにが足りなかったか、よくわかるのになぁ。

「学園マンガだからさ!」

これは監督・福田雄一自身の心の叫び。
「とんこさんと津田さん、どっちが好きか?」とかチンタラやってたほうが、よっぽど楽だし視聴率も取れる。それはわかってる!でもオレ(福田)はヒットするとわかり切ってるその学園ラブコメに、あえてアクションやSFやわけわかんないクリエイターの葛藤を乗っけてメガヒットさせてみせる!」
アオイホノオを福田雄一作品として見ると、監督のこういう気概が伝わってくる。

「学園マンガだ・・・」

偉い、モユル!よく気がついた!
時は1980年、当時のマンガ編集部には大きな悩みがあった。
「持ち込みマンガのほとんどがSFマンガ」ということ。
少年・少女マンガの読者大部分は「普通」のマンガを読みたい。すなわち恋愛マンガとかスポーツマンガとかだ。しかし、読者の中のマニアックな層だけがSFを読みたがる。そういうマニアックな層は作品を体系的に読むし、他の作品とも比較する。また、そういうマニアックな読者「だけ」が投稿作品を持ち込むような「マンガ家の卵」になる。
結果として、編集部にはマニアックなSFものばかりが持ち込まれる。
一般読者が読みたいマンガと、マニアックな読者が描きたいマンガ。このギャップに当時の編集部は悩んでいたのだ。

「それだけは避けたい・・・」

この庵野のセリフ、いったい何度聞いたか(笑)
庵野は人のアイデアをそのまま使うことを嫌う。なので自分でワンアレンジしないと、なかなか納得しない。でもそのアレンジを思いつかないとき、延々と「それだけは避けたい」と悩む。
逆に言えば、彼が「それだけ使えるアイデアなんだけど、悔しい」と悩んでいる様子なのである。

山賀の妹

僕は見たこと無いけど、山賀本人にソックリ、と聞いたよ。

「男は風呂に入らなくても死にはしない」

当時の庵野のエネルギー源。
糖分と蛋白質をすべてここから補給していた。

コーヒー牛乳

当時、庵野だけでなく僕も風呂に入らなかった。
僕は2週間ぐらい平気だったけど、庵野は桁違いの半年とか1年とか風呂に入らない。僕も庵野も主張は同じで、「風呂に入らなくても死なない。死なないことを毎日、習慣でする奴は時間が余ってるからだ。オレにはやることがあるので、余ってる時間などない。ゆえに風呂になど入らない」
それでも当時の僕は、2週間で髪が痒くて入ってしまった。庵野に聞くと、一ヶ月あたりで「痒くなくなる」らしい。庵野が数ヶ月に一度、風呂に入ったときは「身体を洗ったお湯が灰色になった」などの伝説がある。
ちなみにマイクロソフト創業期の話。ビル・ゲイツが25歳、1980年頃だからアオイホノオとちょうど同時期。ビル・ゲイツも風呂に入らないので有名で、秘書兼広報のおばちゃんが記者にこう言ったそうです。
「ビルは風呂が嫌いなのではありません、風呂よりももっと大事なことがあると言っているんです」
聞いたか、島本和彦!
風呂とかとんこさんとか、お前は学生時代にリア充すぎるんだよ!

「ガンダム漬けだ」「庵野の最高のおもてなしだ」

テレビシリーズの機動戦士ガンダムを、第一話から順にぜんぶ見せる!もちろん庵野自身が隣に座って、見どころ解説を副音声でやってくれる。
これ、別に庵野だけじゃなくて赤井も同じ事をしていた。赤井の場合はNHK人形劇版「三国志」だけど。
このように、当時のオタクはありあまる熱量で「全話解説」など当たり前のようにこなしたのだ。
僕なんか、いまだにやってるよ、コレ。

※あくまで岡田斗司夫さんの個人的な感想であり、事実とは異なる可能性もあります。

Pagetop

80年アナログシンセサイザーを駆使した渾身のサウンド!オリジナルサウンドトラック発売!!

島本先生と福田監督のスペシャル対談を収録!ドラマ24「アオイホノオ」Blu-ray/DVD BOX 2014年11月19日(水)発売!!

番組公式SNS
  • ドラマ24「アオイホノオ」twitter番組公式アカウント(外部サイト)
  • ドラマ24「アオイホノオ」facebook番組公式ページ(外部サイト)
  • ドラマ24「アオイホノオ」番組公式Vine(外部サイト)

おすすめドラマサイト