カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2019131日 放送

懐かしの石油ファンヒーターで大躍進!知られざるヒットメーカー ダイニチの秘密

  • ダイニチ工業 社長 (よしい ひさお)

企業の不祥事や、業績悪化が報じられるニッポンの「ものづくり」。そんな、激動の業界に身を置きながら、10年以上にわたり、石油ファンヒーターで、業界トップを走り続けてきたダイニチ。なぜ、斜陽産業と言われる業界に身を置きながらも、いまなおヒットを飛ばし続けているのか?地元・新潟での生産を貫き、非正規雇用が多い製造業の中で、高い正社員率を維持する、驚きの地方メーカー!最先端とは言い難い家電を進化させ、ヒットを連発するダイニチの知られざる儲けの秘密に迫る!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 戦うべき土俵を決めれば 中小企業も勝ち残れる!
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

石油ファンヒーターでトップシェア…北の超実力派ものづくり企業の秘密!

寒さの本番を迎えた都内の家電量販店。そこにはイタリア製のオイルヒーターやオシャレなデザインで話題のダイソンのセラミック・ファンヒーターなど…最新の暖房器具が所狭しと、並べられている。実は今、暖房器具は、機能だけでなく「オシャレさ」が重視される時代になったのだ。しかし、北関東や東北などの冬場の寒さが厳しい地域では、そんな都会のトレンドとは、全く違う動きを見せていた。東北で300年以上続く老舗旅館で活躍していたのは、懐かしい石油ファンヒーター。厳しい寒さで知られる新潟の一般家庭では「エアコンやこたつといった定番の暖房器具にプラスして使う」と石油ファンヒーターを9台も購入していた。そう、都内の感覚では、ずいぶん昔の暖房器具というイメージだが、全国的に見れば、石油ファンヒーターは、いまもなお売れ続けているのだ。実は、その石油ファンヒーターで、11年連続・国内売り上げトップを走っているのが、新潟に本社を置くダイニチ工業。大手家電メーカーが相次いで撤退する中で、独自路線を突き進み、勝ち残ってきたダイニチ。エアコン全盛時代に躍進する、異色のヒットメーカー・ダイニチの知られざる儲けの秘密に迫る!

地元・新潟も従業員も支えるダイニチの独自制度!

石油ファンヒーターで業界トップを走るダイニチは、社員の働きやすさにも熱心だ。非正規雇用が多いとされる製造業にありながら、高い正社員比率を維持、離職率も2%以下をキープしている。そんなダイニチが特に力を入れているのが、子育て世代に対する環境整備。妊娠中や子育て時期の中の社員のために、負担の少ない専用ラインを設け…さらに、出産祝金や入学祝金でも、他にない羨ましい独自制度を作り上げている。実は、こうした常識にとらわれない独自の仕組みを作り上げることが、斜陽産業と呼ばれる石油ファンヒーター業界の中で、ダイニチの成長を支えてきたのだ。その象徴とも言えるのが…ダイニチの部品を作ってくれる地元の協力工場との関係性にある。ダイニチのトップ吉井は、エアコンの普及拡大によって厳しい環境にさらされた時期も、その協力工場と共に苦難を乗り越え、ダイニチを業界のトップメーカーに変貌させたのだ。従業員や地元の協力会社と共に協力することで、他にない、共存共栄を実現させたダイニチ。吉井が生み出す、驚きの独自制度を徹底取材した。

石油ファンヒーターの技術で新展開 ニッチ産業で生き残りをかけろ!

ダイニチの製品が、いま新潟の農家の間で話題となっている。その農家が育てているのは、赤くて、甘いイチゴ。実はダイニチ、ビニールハウスでイチゴを育てる農家のために、日照時間が少なくても成長させられる「光合成促進機」という製品を作り出した。この機械を使えば…冬の新潟でも、美味しいイチゴが育てられるという。なぜ、石油ファンヒーターを作る会社が、いまになって農業向けの商品の開発に乗り出したのか?暖めるだけじゃないダイニチの新展開に密着した。

ゲストプロフィール

吉井 久夫

  • 1947年大阪府布施市(現・東大阪市)出身
  • 1969年芝浦工業大学を卒業後、吉井電器店に入社
  • 1973年ダイニチ工業へ入社
  • 1999年社長就任

企業プロフィール

  • 本 社:新潟県新潟市南区北田中780番地6
  • 売上高:201億円
  • 資本金:40億5881万円
  • 従業員数:504人(2018年4月現在)

村上龍の編集後記

1970年代末に登場した石油ファンヒーターだが、その後、エアコンの普及などにより、将来性が揺らぎ、大手家電はすべて撤退した。ダイニチは、売り上げ約200億の中堅企業だが、衰退しつつあった市場にあって、製品を進化させ続け、長年にわたってトップシェアを誇っている。潜在需要を見越したのか、あるいはダイニチが需要を喚起、維持させたのか、わからない。ただダイニチは、撤退するわけにはいかなかったのだ。もの作りの街・三条で誕生したダイニチは、人々に心地よい温かさを提供し続け、縮小する市場を守り抜いた。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 他にない独自性が 新たなファンを増やす

    ファイントラック 社長金山 洋太郎

  • 永続に必要なのは 規模ではなく“苦労人”

    ヤタローグループ 代表中村 伸宏

  • 「志」を忘れると 崩壊のリスクは高まる

    テルモ 社長佐藤 慎次郎

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら