カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2019221日 放送

常識を打ち破る味噌メーカーのサバイバル経営

  • マルコメ 社長 (あおき ときお)

マルコメといえば、信州味噌の本場・長野で生まれた老舗の味噌メーカー。実は「だし入りみそ」や「液みそ」で、次々に業界の常識を打ち破ってきた。その挑戦は味噌にとどまらない。味噌づくりのノウハウを生かした「糀甘酒」も大ヒット、そのサバイバル経営に迫る!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 若手は任せて伸ばす
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

味噌づくりのノウハウで甘酒に挑む!

「飲む点滴」とまで呼ばれ、数年前からブームになっている甘酒。その甘酒を新たな形で広めているのが、味噌メーカーのマルコメだ。味噌づくりのノウハウを生かして「糀」を使った甘酒を発売、飲むだけでなく、料理の調味料として使うことでさらなる人気を生んでいた。マルコメは新潟に甘酒専用の工場も建設、日本人の味噌の消費が減り続ける中、新たなビジネスに果敢にチャレンジ、売り上げを伸ばしている。

老舗なのに常識破り!

1854年に長野で創業したマルコメ。いまや味噌の国内シェア約25%を占めるトップメーカーだ。地方の味噌メーカーがどうやってここまで成長したのか?そこには、次々に業界の常識を打ち破ってきた歴史があった。特に業界を驚かせたのが「味噌汁は出汁をとって作るもの」というのが当たり前の時代に開発した出汁入り味噌『料亭の味』だ。これが飛ぶように売れた。その後、液体の味噌をペットボトルに入れた『液みそ』を発売、若者をターゲットに開発した商品だったがシニア世代が歓迎、こちらも大ヒットする。

新たな挑戦!大豆ミート

現在、マルコメは若い人材を積極的に活用しているという。若い女性たちのプロジェクトチームが味噌づくりのノウハウを生かして“第2の矢”ともいうべき「糀甘酒」を生みだす。さらに“第3の矢”として、大豆を加工して作った大豆ミート「大豆のお肉」を開発、健康ブームの今、次なるヒットを狙っている。

ゲストプロフィール

青木 時男

  • 1979年慶應義塾大学卒業
    卒業後食品問屋で5年間の就業
  • 1984年マルコメに入社。製造、営業、管理部門で修行
  • 1998年代表取締役社長に就任,現在に至る

企業プロフィール

  • 本 社:長野県長野市安茂里883
  • 創 業:1854年
  • 従業員数:436名

村上龍の編集後記

創業160年超の老舗だが、重大な危機を迎えたことがないように思えた。だが青木さんに、きっぱり否定された。「とんでもない、危機の連続です」実際、危機はあったのかもしれない。だがその都度、先駆的な試みと商品開発で、乗り越えてきた。危機は、顕在化しなかった。「出汁入り味噌」はコロンブスの卵のように画期的で、味噌の地域嗜好性を超え、あっという間にナショナルブランドに成長した。米糀甘酒も、3年で売上を10倍に伸ばした。マルコメは、挑戦を止めない。「危機の顕在化」を防ぐのは、「危機感」しかない。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 今と同じ事を 100年後も続ける

    開化堂 6代目八木 隆裕

  • 5年ごとに 仕事を見つめ直せ

    寺田倉庫 CEO中野 善壽

  • “東京にないもの”で 地方は勝負しろ!

    草津町 町長黒岩 信忠

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら