カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2019919日 放送

世界が認めるメード・イン・ジャパン 
失敗から宝を生み出す地方メーカー

  • カイハラ 会長 (かいはら よしはる)

『世界が認める"カイハラ"...その裏に数えきれない失敗』
ユニクロの人気商品ジーンズの裏に、ある企業の存在がある。"カイハラ"というデニム生地のメーカーだ。ユニクロだけじゃない、リーバイスにエドウインなど国内外300を超えるブランドがカイハラの生地でジーンズを作っているという。国内シェアは50%以上というから、ジーンズの2本に1本はカイハラ・デニムなのだ。カイハラの拠点は広島・福山市、126年続く老舗企業だ。一番の強みは開発力で年間800種類の生地を開発、その裏には山ほどの失敗があるが、その失敗にこそ"お宝"があるという。ユニクロからハイブランドまで、業界を席巻する地方メーカーの全貌に迫る!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 世界で一番失敗するから 新しいものが生まれる
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

『知られざるメード・イン・ジャパン』

ユニクロからリーバイス、エドウインまで300を超えるブランドがカイハラの生地でジーンズを作っている。その本社は広島県・福山市、のどかな景色の中にある。カイハラの最大の特徴は一貫生産、糸から生地まですべて自社で作っているのだ。さらスゴいのが開発力。取引先が求める生地を自社で開発、年間800種類もサンプルをつくり、これまでなかった新しい生地などを次々に開発している。

『絣(かすり)の技術でジーンズに挑む!』

カイハラの創業は1893年。もとは日本三大絣(かすり)のひとつである“備後絣”を作っていた。ところが1960年代後半になると絣の需要は激減、経営は一転し火の車に…。1970年代、世界中の若者に普及し始めた“ジーンズ”に目をつけ、デニムの糸の染色に乗り出す。そして、国内初のロープ染色機を開発。さらに転機が訪れる。アメリカ・リーバイス社がカイハラの生地の良さに目をつけたのだ。1998年には、ユニクロがカイハラの生地を使ってジーンズを作り始め、2010年、ヒートテックの糸を使ったヒートテックジーンズを発売すると大ヒット。以来、カイハラはこれまでにないジーンズの生地を作り続けている。

ゲストプロフィール

貝原 良治

  • 1965年成城大学経済学部卒業。繊維商社に入社
  • 1969年実家の経営危機のためカイハラに入社
  • 1990年社長に就任
  • 2003年会長に就任

企業プロフィール

  • 創 業:1893年(明治26年)
  • 売上高:約180億円(2018年2月)
  • 従業員数:720名(2019年5月時点)

村上龍の編集後記

「藍色の血が流れている」と貝原さんは言った。藍色は、ジャパンブルーとも呼ばれ、サッカーの日本代表のユニフォームなどにも使われている。だが、最優先でデニムに応用したのはカイハラだ。絣で培った技術でデニムを、と考えたわけだが、似ているだけに、余計むずかしかったと思う。染色の手法が違い、雲をつかむような開発だったはずだ。しかしカイハラは「必ずできる」と精神の深部で確信していた。伝統は深く刷り込まれ、崖っぷちに立つ者だけを救う。染められた原糸がグリーンから藍色に変わる、まさにアートの世界である。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 暮らしに寄り添い 提案し続ける

    ロフト 社長安藤 公基

  • "良い会社"でなければ "良い社員"をつくれない

    小松製菓小松 務

  • 距離は楽しみに変える

    ウェルカム 代表横川 正紀

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら