カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2019125日 放送

最先端"雑貨"に執念を燃やして30年!
ロフト流、暮らしがときめく商品&店づくり

  • ロフト 社長 (あんどう こうき)

1987年、世界中から買い集めたユニークな「雑貨」を並べた店が、渋谷の片隅でオープンした。
それから30年...今「雑貨」という言葉にネガティブな語感は少なく、むしろ生活を豊かにする"ときめき"さえ感じる響きをまとっている。そんな日本独自の"雑貨文化"の礎を作り上げた「ロフト」誕生の物語と、今もなお誰よりも早く、流行の発信源となり、客を楽しませることで成長を続けている、他にないロフト流の戦い方に迫る。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 暮らしに寄り添い 提案し続ける
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

客を魅了する雑貨で年商1000億円!流行を生み出す雑貨集団

日常を楽しく便利にする膨大な商品を取り揃える雑貨の店として独自の存在感を示すロフト。今や年商1000億円にまで成長した原動力が「どこよりも早く魅力的な商品を並べる」という創業以来のこだわりだ。例えば、文具のジャンルでは、「システム手帳」や「ほぼ日手帳」をいち早く世の中に紹介し、ブームに火をつけたのもロフト。様々なメディアで「今年ロフトで流行ったもの」「ロフトで見つけた便利グッズ」などと特集を組まれるほど、他がまだ扱わない商品をヒットさせる流行の発信源となっているのだ。国内外のメーカーと独自のパイプを築くバイヤーたちは、メーカーからも「ヒットを生み出す集団」として頼られる存在。中でも最近ヒットを連発するのが、メーカーと組んだ独自開発商品だ。映画「スターウォーズ」の劇中に登場する架空の文字をデザインに使ったグッズを展開したり、ネイルカラーに「あかね」「うぐいす」など日本の伝統色を取り入れたコスメ商品。さらに若い世代に手帳を使う習慣をつけさせる「学生to手帳」など…メーカーには思いつかない切り口でヒットを飛ばしている。ロフト流の商品&店作りの秘密に迫る。

始まりは西武百貨店の別館…コンセプトは「時の器」

現社長の安藤は、ロフトの創業に関わった男。大学卒業後、西武百貨店に入社。20代後半の時、渋谷西武の別館として今までにない店舗を作る「西武C館プロジェクト」が発足、そのメンバーに選ばれた。そして 1987年に「ロフト」として開業した、今までにないスタイルの店のコンセプトは…「時の器」だった。時代の最先端を詰め込み、客を魅了しようというその理念に、若き安藤が作ったのが「ムービング」という売り場。遠くはメキシコまで行って買い付けた、見たこともないような海外の雑貨にこだわり、若者たちを驚かせた。そんな斬新なスタートを切り、若者文化の発信拠点として成長していったロフトだが、2000年以降、店舗の拡大と共に画一的な店作りと商品が目立つようになり低迷してしまう。旗艦店を任されていた安藤は、店ごとに独自色を打ち出す手法で、徐々に「時の器」としての魅力を取り戻していった。

ゲストプロフィール

安藤 公基

  • 1958年東京都生まれ…中央大学卒
  • 1981年西武百貨店入社
  • 1987年参加した渋谷西武ロフト館が開業
  • 2008年仙台ロフト、梅田ロフト館長
  • 2016年社長就任

企業プロフィール

  • 本 社:渋谷区宇田川町18番2号
  • 設 立:1996年(店舗は1987年開業)
  • 年 商:2019年 1,151億円(総取扱高)
  • 従業員:5,107名 (2019年2月現在)

村上龍の編集後記

「今年はハロウィン関連商品を置くのを止めた」という姿勢は印象的だった。渋谷の喧噪が嫌いというわけでもなく、結果的に「流行を追う」形になるのがいやだったのだろう。80年代後半のロフトは衝撃的だった。安藤さんを含め三人の若者が世界中から商品を仕入れた。直営だけで100店舗に拡大した今もなお、その価値観は、維持されている。「他がやらないことをやる」ということだ。手帳は圧倒的で、マニアックなものもあるが、コンセプトは繊細だ。奇をてらわず、客の想像を超える、それが安藤さんの「雑貨道」である。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 営業マンこそ 最強のマーケティング部員

    ミドリ安全 社長松村 不二夫

  • 少しの差が 勝負を分ける

    メルカリ 社長山田 進太郎

  • 社員1人のアイデアが 会社を変える

    ソースネクスト 社長松田 憲幸

  • 問題意識が 気付きを生む

    ファンケル 創業者池森 賢二

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら