カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1106分 ~1155

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2021923日 放送

偉大なる発明を超えろ!
日清食品 強さの秘密

  • 日清食品 社長 (あんどう のりたか)

2週連続で放送する「日清食品」の後半。日清食品の事業の柱が、今年9月に発売50周年を迎えたカップヌードルだ。斬新な手法によってこの4年間過去最高売り上げを更新しているのが、発明者・安藤百福の孫で現社長の安藤徳隆。その徳隆はカップヌードル以外の新事業に挑戦しようとしていた。番組では、三代に渡る発明一家のヒストリーを徹底取材。そして、徳隆による"完全栄養食"の開発に密着した。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 過去の成功をどんどん乗り越える社風
  • RYU’S EYE

    RYU’S EYE
  • 座右の銘

    座右の銘

放送内容詳細

カップ麺技術で究極の食品を!“完全栄養食”に挑む!

今年5月、徳隆が決算会見の場で発表したのは“完全栄養食”への挑戦。見た目やおいしさはそのままに、カロリー・塩分・糖質・脂質などは健康に配慮した数値にコントロールするという夢の食品だ。長年、即席麺の開発で培ってきた高度な食品作りのノウハウで、「飽食による健康悪化」という世界的な課題解決に挑むという。すでに慶応大学医学部や、AI関連のベンチャーとタッグを組むなど、新たな屋台骨となる事業を育てるべく、徳隆自身が走り回っている。岡山の両備ホールディングスが進める「未病対策の街づくり」にも参加し、今までにない食のサービスを街レベルで提供するという。

「成功を壊せ!」創業者に挑んだ二代目、三代目の戦い

三代目として安藤徳隆が果敢に挑むのは、即席麺以外の新たな柱となる新規事業。“完全栄養食”だけでなく、長年、うまくいかなかったに米飯事業を「カレーメシ」のヒットで軌道に乗せるなど攻め続けている。その裏には、即席麺という常識破りの発明を成し遂げた創業者へ挑む、家訓ともいえるマインドがある。徳隆の父・宏基は「打倒カップヌードル」を掲げ、「どん兵衛」や「焼きそばUFO」を開発して大きな柱として育てた。そして今、徳隆が挑むのは、会社を壊すような新たなビジネスの創出だという。

ゲストプロフィール

安藤 徳隆

  • 1977年大阪府生まれ
  • 2002年慶応大学大学院修了
    祖父百福の鞄持ちを3年間務める
  • 2007年日清食品に入社
  • 2015年日清食品社長就任
  • 2016年日清食品ホールディングス副社長就任

企業プロフィール

  • 社長CEO:安藤宏基
  • 副社長COO:安藤徳隆
  • 設 立:1948年(日清食品の設立は2008年)
  • 売上収益:5061億円(21年3月期連結)
  • 従業員:連結14467名

村上龍の編集後記

創業者の安藤百福氏は日本人が麺が好きなことに気づいた。チキンラーメンが、そして艱難辛苦(かんなんしんく)の末にカップヌードルが生まれた。2代目は、カップヌードルの次の商品を社員から募集した。3代目は、ついに代わるものを見出したのかも知れない。分子生物学を学んだ徳隆氏は、飽きっぽく、ひどいときは新商品の発売前に飽きてしまうらしい。彼が発見したのは食品ではない。食の体系とでもいうべきものだ。完全栄養食。カップヌードルがそのベースとなることも可能だ。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • ファーストペンギンが会社を変える

    ジャパネットホールディングス 社長髙田 旭人

  • 会社が楽しくなると 仕事も面白くなる

    三島食品 会長三島 豊

  • 過去の成功をどんどん乗り越える社風

    日清食品 社長安藤 徳隆

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら