ストーリー

9月24日(金)放送 最終飯
神奈川県伊勢佐木長者町のチーズハンバーグと牛ヒレの生姜焼き

仕事で伊勢佐木長者町にやってきた井之頭五郎(松重豊)。古い街並みを通り、商談相手の伊藤良介(飯尾和樹)が経営するお米屋さんにたどり着く。中に入ると、伊藤の妻の寛子(大浦理美恵)が出て来て、五郎は何故か怒られてしまう。実は、夫の釣り仲間が営業マンのフリをして、夫を釣りに連れ出そうとしに来ていると勘違いされていたのだ。なんとか誤解が解け、商談を始めるがお米屋さんで売っている【おむすび】が気になり商談に集中できない。なんとか商談を終え、お目当ての【にんにくおむすび】を買おうとするが、売り切れてしまっていた。すっかり空腹の五郎は店を探すために歩き出す。すると目の前に「パスタ&ピザ」さらに「ファミリーレストラン トルーヴィル」の文字が。一度は迷ったが表のランチメニューに惹かれて中に入る。
メニューを開き、肉料理やイタリアンコーナー、ランチメニューを見る。その中から五郎が選んだのは、ランチのA「ハンバーグステーキチーズのせ」、「牛ヒレの生姜焼き」を注文。
優しい味のデミグラスとチーズを纏った肉肉しいハンバーグ。牛の脂が旨い食べ応え満点のヒレ生姜焼き、たっぷりタレをつけて玉ねぎと一緒に食べるとご飯が進む。セットについてくる「かきたま汁」は和の味なのになぜか洋食に馴染んでいる。優しいお母さん(市毛良枝)の接客とお店の雰囲気に子供の頃家族で行った、デパートの大食堂を思い出す五郎。食べ進めていると出前に行っていたお母さんが帰ってくる。五郎はまだまだお腹に入ると「ナポリタン」と「チキンのシャリアピン」をお母さんに追加注文し、そんなに大丈夫かと驚かれる。いくつになってもケッチャプ味に弱い五郎は、胃袋の初恋の味ナポリタンに癒され、にんにくバター醤油が効いたシャリアピンとライスを食べ米屋さんで食べ損ねた、にんにくおむすびのリベンジを果たしあっという間に食べきる。食後のコーヒーを飲んで、ゆったりした時間を過ごし、心穏やかに退店した五郎だった。

お店からのメッセージ

お客様
いつもレストラントルーヴィルをご利用いただきありがとうございます。
ご好評いただいておりましたが、2人で営んでおりますため準備が追いつかない状況です。
誠に急ではございますが、しばらく長期のお休みをいただくことにしました。
またお客様に足を運んでいただけるよう精一杯準備しておりますので、これからもレストラントルーヴィルを宜しくお願い致します。
レストラントルーヴィル 主人

ゲスト出演者

お母さん : 市毛良枝  伊藤良介 : 飯尾和樹(ずん)  伊藤寛子 : 大浦理美恵

フォトギャラリー

すべての画像を見る

番組を見逃した!そんな時は

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト