ストーリー

  • 第4話 シーン1
  • 第4話 大使館職員役 原沙知絵
  • 第4話 外国人客役 ラモス瑠偉

7月30日(金)放送 第4話
東京都府中市新町の鰻の蒲焼チャーハンとカキとニラの辛し炒め

仕事で国分寺駅を訪れる井之頭五郎(松重豊)。商談先のカフェについた五郎は、取引相手の小谷武雄(尾美としのり)と話を始める。小谷は開始早々、「これにします」と、まさかの即決。決断の早さに五郎は、思わず関心する。しかし、話を進めるうちに、小谷は他のデザインに目移りし、最終的には持ち越しになり、まさかの長期戦となってしまった。長い商談を終え、カフェを後にした五郎はすっかり空腹に。駅まで空腹じゃもたない、迷うのはこりごりと考えた五郎は、最初に見つけた店に入るという短期決戦に挑む!しかし、たまたま見つけた商店街の中を探したが、店がなかなか見当たらない。駅まで戻ろうと考え直したその時、五郎の前に現れたのは「中国料理」の看板。迷うことなく即決して「Sincerity(しんせらてぃ)」に入店し、メニューをみる五郎。目の前の壁にもたくさんのメニューが貼られている。店員(磯山さやか)から、200種類以上あると言われたメニューの中から五郎が頭を悩ませて注文したのは、「蒸し鶏のピリ辛和え」、「カキとニラの辛し炒め」、「割包(カーポー)」、「ウナギの蒲焼チャーハン」、「本日のスープ」、「ナスの冷麺」。
蒸し鶏やカキニラをそのまま食べるのはもちろんのこと、割包で包み、アレンジを加え食べ進めていく。さらにはピリリとしびれる山椒のきいたチャーハンに食欲を煽られ、パリパリの春巻きの皮の下にナスとパプリカがはいった冷麺の清涼感に夏を感じ、あっという間に完食しお会計かと思いきや…「3倍杏仁」が気になり追加注文、充実の中華ランチをシメる。夕飯用に「カニあんかけ焼きそば」までテイクアウトし、ウキウキで店を出た五郎だった。

お店からのお願い

・お店前に並んで待つのはご近所のご迷惑になります、ご来店の際は事前にご予約をお願い致します。
・テイクアウトは前日までに予約をお願い致します。
・2台分しか駐車場が有りません、お車でお越しの方は事前にご確認をお願い致します。

ゲスト出演者

小谷武雄 : 尾美としのり  女性店員 : 磯山さやか

フォトギャラリー

すべての画像を見る

番組を見逃した!そんな時は

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト