これまでの物語
前へ 次へ

第9回(3月13日放送)

美濃八幡藩で起きている年貢の不正流出。その証拠である念書を託され美濃を目指すおりんと八幡藩藩士の望月誠之助だったが、最強の刺客集団・剣草から念書を狙われ、行く先々でおりんと関わった人々が剣草の犠牲となっていた…。

そんな中、誠之助は隙をついておりんから念書を奪い去ってしまう。念書の宛書から黒幕の正体を知ってしまった誠之助は、おりんを巻き込むまいと一人美濃を目指したのだ。

そんな誠之助の気持ちを知りながらも、必死に後を追いかけるおりんだったが、その道中おりんを狙ってきた剣草の刺客・聖瑞花と紫雲英にやられ、捕らわれの身となってしまう。

捕らわれたおりんを待っていたのは、聖瑞花たちによる過酷な拷問だった。誠之助の無事を思い、激しい拷問に耐え忍ぶおりん。

一方、先へ先へと急ぐ誠之助だったが、偶然にもおりんが剣草たちによって捕らわれの身となってしまったことを知ってしまい…。果たしておりんの運命は?そして、ついに黒幕の正体が明らかに…!

今回の物語

ページの先頭へ戻る