これまでの物語
前へ 次へ

第11回

美濃八幡藩で起きていた年貢不正流出の証拠である念書を携え、ついに美濃の地を踏んだおりんと八幡藩士・望月誠之助。約束の新月の夜、八幡藩筆頭家老・水谷のもとへと念書を届け、不正の黒幕が次席家老の脇田であることがついに皆の知るところとなった。ところが、水谷の命を受けた捕り方たちが脇田の屋敷へと向かうと、脇田は既に何者かによって殺されていた後だった…。

その後、念書を手にした水谷は、誠之助、おりんたちと共に庄屋の弥兵衛のもとへと駆けつけ、農民たちに不正に年貢を取り立てていたのが美濃屋と脇田であることを説明する。水谷が不正に気付かなかった自らの落ち度を素直に詫びたことで、間一髪のところで一揆は免れる。しかし、脇田と組んでおりんたちから念書を奪おうとしていた最強の刺客集団、剣草の首領・酉兜幽玄と毒芹は暗躍を続けていて…。果たして、目的を遂げたおりんと誠之助の運命やいかに!?

今回の物語

ページの先頭へ戻る