キャスト

松乃 多部 未華子

松乃 多部 未華子 昭和十六年の新春、一言も交わさないうちに宮部久蔵と祝言をあげる。すぐに宮部が戦地へ向かったため結婚生活はわずか一週間だった。昭和十六年の秋に一度だけ宮部が帰ってきた際、次は寒冷地へ向かうという宮部のために、外套の襟に綿を詰め、革を張り、仕立て直しをする。その際に宮部が言った「必ず、生きて帰ります」という言葉を信じ、彼の帰りを待ち続けた。昭和十七年の夏に娘の清子を出産。戦後、想像を絶する混乱のなか母子ふたりで生き抜く。

コメントを閉じる

松乃は宮部がずっと心に想っている大切な存在であり、その宮部を信じて待ちながら、一人で家を守る強い女性だと思います。皆さんよりも約1か月遅れてのクランクインでしたので、現場の雰囲気に重みを感じて緊張しましたが、当時のメイクや衣裳を身に着けることで気持ちも引き締まり、とてもいい姿勢で撮影に臨めました。
向井さんとは2回目の共演でしたが、私はあまり自分から話しかける方ではなく、向井さんも真摯に役に取り組む方なので、自然と宮部と松乃のぎこちない距離感でいることができました。
以前、戦争映画に参加させていただいた時に、戦争について勉強したいと思ったので、若い世代の方にはこの作品が何かの「きっかけ」になれたらいいなと思います。「戦後はこんなファッションだったんだ!」とか、そういうことでもいいので、単なる「戦争もの」としてだけでなく、いろんな視点で楽しんでいただきたいです。
個人的にも、皆さんはどんな風に撮影していたのか、CGや音楽はどうなるんだろうと出来上がりが楽しみです。
  • {v
  • T
  • J~j
  • ɓ
  • 茹Y
  • RR@
  • i䐴l
  • J쐳v
  • i
  • cM
  • Zw
  • iYR
  • cەF
  • q
  • Y
  • cq
  •  q
  • Y
  • J~j
  • ɓ
  • 茹Y
  • i䐴l
  • R i
  •  G
  • J쐳v
  • cM
  • iYR
  • cەF