キャスト

大石 中村蒼

大石 中村蒼 昭和二十年春、筑波海軍航空隊基地で教官としての宮部から零戦の操縦を教わっていた。特攻隊員になるための訓練、つまり死ぬための訓練をし、自分の死を意味あるものにしたいと懸命に思っていた。教えることに矛盾を感じていた宮部の気持ちも察し、また、訓練中に死んだ友人の名誉を守ってくれた宮部に対し、「この教官のためなら死んでもいい」と思うようになる。昭和二十年夏に鹿屋基地で宮部と再会し、特攻出撃の日の朝、宮部と大石の運命を大きく変える“お願い”をされる。 

コメントを閉じる

Q1.撮影現場はいかがですか?
まだ数日しか参加してないんですけど、雰囲気はいいと思います。緊張感がちゃんとあるし。衣裳も半袖ではないので、現場は暑いし、ダラダラしないで決める時は決める現場です。
Q2..向井さんと共演してみていかがですか?
緊張します。向井さんは優しいんですけど、どこかで宮部の気持ちを忘れていない感じがあって。なので、芝居の緊張感を自然と出せます。
以前共演した時は10代だったので少しでも成長している姿を見せられたらと思っています。
Q3. 「永遠の0」という作品について…
大石という役は宮部に最終的に守られて、そして宮部の奥さんを現代にいたるまで守る。本を読んで、そういう部分が印象的でした。自分たちの周りには守るべき存在がいるのだろうか?守ってくれるような人はいるのか?そういうことを考えるのもすごくいいと思います。
また、現代の人たちが自分のルーツを探すというのも、生きる上ですごく大切だと思うので、僕も自分の先祖が何をやっていたのか知りたいなと思いました。
  • {v
  • T
  • J~j
  • ɓ
  • 茹Y
  • RR@
  • i䐴l
  • J쐳v
  • i
  • cM
  • Zw
  • iYR
  • cەF
  • q
  • Y
  • cq
  •  q
  • Y
  • J~j
  • ɓ
  • 茹Y
  • i䐴l
  • R i
  •  G
  • J쐳v
  • cM
  • iYR
  • cەF