定例社長会見

2007年4月26日

菅谷社長4月定例会見

≪視聴率動向と4月改編の手ごたえ≫
2006年度はHUTが下落し、NHKを含む他のキー4局の視聴率が軒並み低落する中、テレビ東京だけがGH、PT、全日の3部門で前年実績を上回りました。番組そのものは悪くないと判断して4月はあまり改編をしませんでした。4月クール第3週(4月22日現在)が経過した時点で、4月クール平均視聴率はGH8.4%(前年同期比 横ばい)、PT 7.8%(同 0.2ポイント減)、全日 3.7%(同 0.1ポイント減)という状況です。4月20日(金)から始まった、藤沢周平さん原作の「よろずや平四郎 活人剣」は、初回の2時間スペシャルが10.6%と、「逃亡者おりん」の初回視聴率を0.3ポイント上回り、金曜夜の時代劇ドラマが受け入れられたと思います。土日のスポーツニュース「メガスポ!」も眞鍋かをりさんをキャスターにお迎えし、これまで6回の平均視聴率4.0%と滑り出しは好調です。従来からの番組でも、例えば火曜夜8時の「元祖!でぶや」ではナレーターにドラえもんの大山のぶ代さんを起用するなど、それぞれ工夫しています。GH,PTを中心にさらに番組を強化していきます。

≪スポーツ関連≫
4月29日(日・祝)夜8時からフィギュアスケートの「キノシタグループカップ ジャパンオープン 2007」の放送を予定しています。昨年から事業イベントとしても力を入れているテレビ東京独自のコンテンツで、さいたまスーパーアリーナを舞台に日本、北米、ヨーロッパの3地区の代表男女各2選手がチームで競う団体戦です。安藤美姫選手、浅田真央選手など日本チームも好調な様子ですし、ゲストとして韓国のキム・ヨナ選手も出場予定です。去年を上回る視聴率15%越えを期待しています。 
また5月21日(月)からは「世界卓球2007」がクロアチアのザグレブで開かれ、テレビ東京が地上波独占放送します。2009年の横浜大会まで地上波の独占放送権を獲得しています。あす、日本代表選手団の記者会見と制作発表記者会見を開きます。
プロ野球については、巨人戦では4月28日(土)のヤクルト×巨人戦を皮切りに、テレビ大阪からの入り中を含めて8試合、巨人戦以外のカードが5試合、合計13ゲームを予定しています。視聴率は必ずしもよくないけれど、巨人の選手は頑張っていてチームの滑り出しは好調なようなので人気の回復に期待しています。
スポーツで女性アスリートを中軸に据えるという路線は、07年度も継続します。フィギュアスケート、卓球以外でも、プロゴルフ、柔道など、輝く女性アスリートを応援していきます。

≪営業状況≫
3月の営業状況はタイムが前年同月比2.1%増、スポットが同じく5.8%増となりました。06年度の決算は5月15日に発表する予定ですので、詳はその際にお伝えします。

≪事業関連≫
 06年度のIT事業分野は、携帯電話向けのビジネスを中心に展開しているTXBBは好調を持続したものの、テレビ東京本体で取り組んでいるパソコン向けのネット事業は、需要が弱い上に権利や技術的な問題などがあり、スローペースでした。こうした中、06年の4月~9月に放送した眞鍋かをりさんの「ブログの女王」、06年10月~07年3月に放送した「うぇぶたま」から生まれた書籍「ターバン野口」やゲームソフトの販売が好調です。土曜日の深夜1時25分から放送している「やりすぎコージー」のDVDは4月出荷分までで6万セット、30万本を販売し、予想をはるかに上回る売上です。テレビ東京のライツ事業の柱は、当面アニメ関連事業ですが、「あにてれ」の強化に加え、得意分野である「ゴルフ」、「旅グルメ」についてもサイトを立ち上げていきます。


以上

このページの先頭へ