定例社長会見

2007年10月25日

島田社長10月定例会見

《編成関連》
上半期の視聴率実績はゴールデンタイム8.3%(前年同期比0.1ポイント減)、プライムタイム7.8%(同0.2ポント減)、全日3.7%(同0.1ポイント減)でした。4月クールが苦戦し、7月クールで盛り返しました。7月クールのゴールデン8.4%(前年同期比±0)は歴代2位タイ、プライムタイム7.9%(同0.1ポイント減)は歴代2位タイ、全日3.7%(同±0)は歴代最高タイでした。HUTは全体として低下傾向が続く中、7月クール以降健闘しています。
レギュラー番組では、金曜時代劇の第3弾「刺客請負人」が(全8回平均10.4%)健闘しました。第1弾の「逃亡者おりん」(全21回平均8.4%)、第2弾「よろずや平四郎 活人剣」(全8回平均9.4%)と、1ポイントずつ視聴率が上がっています。今週からは、第4弾「お江戸吉原事件帖」が始まりますので、ご期待ください。
特別番組では、8月17日(金)の「やりすぎ都市伝説」(視聴率11.2%)、8月30日(木)の「100円玉に愛をこめて」(11.1%)、9月17日(月)の「名曲ベストヒット歌謡」(10.6%)、9月30日(日)の「元祖!大食い王決定戦」(19.7%)が好調でした。
10月クールの視聴率は、第3週(10月21日まで)が経過した時点でゴールデンタイム8.3%(前年同期比0.1ポイント増)、プライムタイム7.8%(同0.2ポイント増)、全日3.7%(同0.1ポイント増)と順調な滑り出しです。期首特番で2桁の視聴率が4つありました。レギュラー番組でも10月20日(土)の「土曜スペシャル」が年度最高の12.7%と健闘しています。この勢いを維持したいと思います。来週10月29日(月)からは「お茶の間の真実 もしかして私だけ!?」が初回2時間スペシャルで始まります。

《スポーツ中継》
昨日、発表いたしましたように「嘉納治五郎杯 東京国際柔道大会 2007ワールドグランプリ(柔道ワールドグランプリ)」を12月7日(金)~9日(日)のゴールデンを中心に放送します。メインキャスターは俳優の山本耕史さんと大橋未歩アナウンサーです。歴史ある大会がひとつになった男女一緒の大会なので、是非とも成功させたいと思っています。大会前日の12月6日(木)21時には2時間ドラマ「姿三四郎」を人気グループ「NEWS」の加藤成亮さんの主演で放送します。こちらもご期待ください。
プロ野球は、テレビ東京が放送した巨人戦ナイター8試合の平均視聴率が7.9%でした。(前年6試合平均8.1%)日本シリーズは第2戦、10月28日(日)日本ハム×中日と、第5戦、11月1日(木)中日×日本ハムの放送権利をもっていて、期待しています。来年の放送については、日本シリーズなど全て終わってから総括して総合的に決めたいと思います。
プロ野球、柔道、卓球、ゴルフをはじめスポーツは重要なコンテンツなので、放送権をとれるものはとっていきます。

《営業関連》
9月の売り上げ実績はスポットが好調で、東京地区のシェアで9月としては過去最高でした。中間決算は11月13日(火)に発表します。

《事業関連》
今年1月に札幌で開催し好評だったアイスショー「スターズ・オン・アイス」を来年1月に開催します。今回は札幌、名古屋、大阪、東京で10公演と拡大します。チケットは10月28日(日)から販売します。放送は1月14日(月・祝)19:00~20:48予定です。映画「キサラギ」は興行収入が目標1.8億円のところ、2倍の約3.9億円を超える大成功です。「劇場版BLEACH~MEMORY OF NOBODY」のDVDは売り上げ7億円を超えました。


(広報・IR部まとめ)

このページの先頭へ