定例社長会見

2007年6月28日

島田社長6月定例会見

≪社長就任挨拶≫
6月22日(金)、正式に社長に就任しました。前任者から引き継いだバトンを、きちんと守り次の者に引き渡せるよう精一杯努力をしていくつもりです。

≪視聴率動向≫
4月クール第12週(6月24日現在)が経過した時点で、今年度の平均視聴率はGH8.1%(前年同期比 0.3ポイント減)、PT 7.7%(同 0.3ポイント減)、全日 3.7%(同 0.1ポイント減)という状況です。HUTがGHで65.3と前年比で1.6ポイント下がっている影響などが、残念ながらテレビ東京にも波及し始めています。またHUTの低下だけでなく、視聴率のとりこぼしもあると思うので、番組編成をテコ入れしていきたいと考えています。テレビ東京は、7月1日付けで定時の人事異動を行いますが、今回異動の辞令を受け取るのは全体の23.1%です。人心を一新して番組の強化にあたりたいと考えています。

≪7月改編≫
7月の改編率は、GHで13.0%、PTで10.1%、全日で3.5%です。まずは、テレビ大阪に制作をお願いしている月曜日の20時の枠ですが、これまでの「発進!時空タイムス」から手紙を軸に人間ドラマに迫る「三丁目のポスト」に切り替えます。司会は中山秀征さんと小島奈津子さんです。また火曜日の19時を「奥様は外国人」から「ココリコ ミリオン家族」に切り替えます。この「ココリコ ミリオン家族」は、18時30分放送の「スキバラ」の火曜日からゴールデンに昇格した番組です。さらに金曜日の時代劇ドラマは、森村誠一さん原作村上弘明さん主演の「刺客請負人」を組みます。ご期待ください。

≪特番≫
まず7月6日(金)19時~22時03分に「第38回 夏祭りにっぽんの歌」を予定しています。メインの司会を徳光和夫さんにお願いして61曲を47組の歌手の熱唱でお送りします。また「デジタル7チャンネル」にちなんで、2007年7月7日(土)の夜7時(19時)から「出没!アド街ック天国 生放送3時間スペシャル」を放送します。さらに、28日(土)は19時から恒例の「第30回 隅田川花火大会」、29日(日)は21時30分から参議院選挙特番を予定しています。今回の選挙はテレビ東京の視聴者層に関心が高い年金や地域格差などがテーマですので、テレビ東京らしい選挙特番が組めると期待しています。
スポーツでは、8月4日(土)から高知県の土佐カントリークラブで行われる「全国高等学校ゴルフ選手権大会」をVTR収録し、8月18日(土)の12時30分~13時55分で放送予定です。競技日程は、学校対抗の団体戦が2日間、個人戦が2日間の計4日間です。番組は4日間をダイジェストにしてお伝えします。杉並学院の石川遼選手を初めとした高校のトッププレイヤーたちの豪快なプレーを存分に楽しんでいただけるような番組にしたいと考えています。
新春恒例の「新春ワイド時代劇」について、08年放送の原作と主役級のキャスティングが固まりました。1979年に「人間の條件」を一挙12時間放送してから、来年はちょうど30回目の放送です。柴田錬三郎さんの「徳川太平記」を原作に、紀州の四男坊だった吉宗が八代将軍になるサクセスストーリーと、吉宗と天一坊の父と子の愛憎ドラマを織り交ぜて描く娯楽時代劇を企画しています。キャストは、徳川吉宗役に中村雅俊さん。また、吉宗の青年時代と天一坊を二役で内田朝陽さん。また、吉宗を助ける直参旗本・土屋主水之助は、松平健さんに演じていただきます。製作は99年の「赤穂浪士」以来9年ぶりに、東映にお願いしました。30回目の節目に相応しい大作に仕上げたいと思っています。

≪営業関連≫
5月のセールスは依然として厳しい状況が続いています。スポットは前年比でマイナス6.4%でした。6月のスポットは、どうにか前年比プラスになる見通しですが、逆にタイムは前年のワールドカップサッカーの反動で大幅なマイナスを見込んでいます。

≪事業関連≫
放送10年目を迎えたポケットモンスターは、この夏10作目の映画「劇場版ポケットモンスター ディアルガVSパルキアVSダークライ」が上映されます。今週に入った時点で前売り券の販売が前年比218%と好調です。また「劇場版NARUTO疾風伝」の前売り販売も前年比111%と好調です。

≪株主総会について≫
6月22日(金)に開催された総会の出席株主数は222名、所要時間は1時間50分でした。会社側から7つの議案を提出しご議論いただきましたが、議案の全てが3分の2以上の賛成を受け、決議されました。株主様からのご質問は、9人から20問いただきましたが、買収防衛策関連から二次利用、株主との関係等多岐にわたり、活発な意見交換が出来て有意義な総会でした。


(広報・IR部まとめ)

このページの先頭へ