日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ



HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


(過去の放送)





(2006年9月26日放送)


「西武・そごう ~再生への365日~」



2003年に経営不振に陥った西武百貨店。そごうと統合し「ミレニアムグループ」を結成し再生を目指すことになった。その司令塔となったのは百貨店再生請負人と呼ばれた和田繁明氏。
和田氏は言う。「百貨店経営は様変わりしなければいけない。新たな百貨店を作り出さないといけない」。そこで、西武復権への第一歩として有楽町にある西武百貨店を今までにない百貨店として改装することになった。



番組詳細はコチラ





(2006年9月19日放送)


「小さな商店の逆襲 ~アイデア勝負で生き残れ~」



地方経済が疲弊する中、大型店の台頭や通信販売市場の拡大などに押されて、町の個人商店の不振が伝えられて久しい。地方の商店街は「シャッター通り」と化し、都市圏でも売り上げ減少や後継者不在で閉店する店が相次ぐ。
  しかし、アイデア次第では個人商店にもチャンスは十分ある。人口減少・高齢化社会・消費者の成熟化といった日本経済の変化を読み取って、大量生産・大量流通・大量消費と一線を画した独自の発想や経営ノウハウを打ち出す個人商店が、息を吹き返しているのだ。



番組詳細はコチラ





(2006年9月12日放送)


「なぜ買収は失敗したのか? ~独占取材!敵対的買収の裏側~」



今年の夏、ある買収劇が世間の注目を集めた。製紙業界1位の王子製紙が仕掛けた業界6位・北越製紙への敵対的買収。それは投資ファンドなどが企業を買収した後、転売して利益を得ようとするものではなく、同業の会社を買収し、競争力をより高めようとする買収提案であった。しかも「TOB」という「公開で株式の買い付けを行う」手法で、日本の主要企業としては初の敵対的買収だった。その提案内容は株式市場のアナリストたちからは高く評価された。しかし、結果的に買収は失敗に終わった。
一体、なぜ買収に失敗したのか?そして、何が買収を阻んだのか…。



番組詳細はコチラ





(2006年9月5日放送)


「故郷よ、生き残れ… ~地方改革 自立への苦闘~」



小泉政権発足から5年。「改革なくして成長なし」のスローガンのもと、様々な改革が断行されてきた。ポスト小泉を決める自民党総裁選を前に、その功罪が議論されている。中でも厳しく指摘される“罪”が、格差の問題。特に、“富める都会”と“衰退する地方”との格差が拡大している。そしてついには“財政破たん”する自治体まで現れた。
しかし、自立のための努力をしなければ地方自治体が生き残っていけないのも現実だ。これまでの国頼り、交付金頼りから脱却し、自立するために奮闘する地方の姿を追う。



番組詳細はコチラ





(2006年8月29日放送)


「バブルは再来するか? ~沸騰!沖縄リゾート開発~」



バブル期に多額の資金と労力をつぎ込んで作られたリゾート施設やゴルフ場…。“失われた10年”の間に、放棄されたり、完成を待たずに塩漬けとなっていた不動産の資産価値が、今年に入り再び見直されている。日本経済の回復基調をベースに、再び潤沢な資金が不動産に流れ込み始めたのだ。
しかし脳裏をよぎるのはあのバブルの狂乱。
「バブル時代の過ちを再び繰り返してはならない…」。立ち上がった人たちがいた。



番組詳細はコチラ





(2006年8月22日放送)


「食の安心とは? ~情報公開をめぐる 知られざる裏側~」



今月、米国産牛肉の輸入が再開された。しかし、米国産牛肉をめぐる一連の騒動で消費者の間では「食の正しい情報公開」について非常に関心が高まっている。
普段、私たちは“どんな食材が使われているのか?”とか“どうやって製造しているのか?”などについて、実際に目にすることはできない。



番組詳細はコチラ





(2006年8月15日放送)


「葬儀をプロデュース ~変貌するニッポンの“お葬式”~」



日本の死亡者数は2003年に100万人を突破、それ以降増え続けて昨年は前年比5.4%増の108万人余りとなった。そうした中で市場規模の拡大が予想されているのが葬儀業界。新規参入も相次ぎ、これまでの葬儀の常識にとらわれない新たなビジネスモデルを提供するところも登場している。
人生で誰もが一度は関わる葬儀。そんな葬儀ビジネスの新しい動きに注目する。



番組詳細はコチラ





(2006年8月8日放送)


「“韓流”ビジネス 日本上陸 ~ヨン様を超えろ!韓国企業の挑戦~」



ヨン様の「韓流ブーム」が今なお冷めやらぬ日本だが、そのフィーバーは実はドラマや映画に限っての話し。例えば、韓国の現代(ヒュンダイ)自動車は北米や中国などで躍進を続け今や世界ブランドとなっているにもかかわらず、5年前に進出した日本市場では苦戦が続いている。
日本の消費者は韓国製品に対していまだに「安かろう悪かろう」というイメージを抱いているのか…。



番組詳細はコチラ





(2006年8月1日放送)


「華麗なるブライダル戦争 ~二極化時代の“幸せの選択”~」



市場規模2兆円とも言われるブライダル業界。そこには、大きな特徴がある。景気や時代の変化の影響を受けやすく、他にあまり類を見ないほど流行によって形や規模が激しく変化していく“カメレオン”のような業界であることだ。
現在の流れは、いわゆる「二極化」現象。500万円以上の費用をかける「高額婚」が増加する一方で、挙式だけなら4万9800円という“激安版”も登場。いわゆる「格差社会」「二極化社会」の一端が、人生の一大セレモニー・結婚式にまで現れ始めたのだ。
そんな中で、ブライダル業界も変化が速く多様化するニーズに応えようと必死だ。かつては均一的な“お仕着せ”のパッケージ型で済んでいたが、今では細かいニーズを満たさなければ生き残ることは出来ない。



番組詳細はコチラ





(2006年7月25日放送)


「ドキュメント 蚊取り線香 ~金鳥・フマキラー 夏商戦の舞台裏~」



 1000億円近いと言われる日本の殺虫剤市場。
その商戦のピークが、蚊などが最も発生する“夏”である。
番組ではその知られざるビジネスの裏側を取材する。
例えば、老舗の金鳥の研究所では様々な種類の大量の蚊が飼育されてい る。
研究員いわく「蚊も抵抗力が年々強くなっている」と新しい虫除け商品の 研究開発に余念がない。
そして、蚊取り線香を巡る戦いは海を越えてアジアにも広がっている。
フマキラーはインドネシアに進出。言葉の壁や現地の人々との価値観の相違に苦しみながら、日本とは種類も耐性も違うインドネシアの蚊に挑む。
インドネシアなどの東南アジアでは蚊を媒介とした感染症も多く、日本以上に蚊に対する恐怖心が大きいため、今後、虫除け商品が大きな市場に変化してゆくことが予測される。
日本と世界を舞台にした虫除けビジネスの暑い夏を取材した。



番組詳細はコチラ





(2006年7月18日放送)


「検証!“ハゲタカ”の正体 ~外資ファンドは日本を救ったか~」



 1990年代後半、日本経済はバブルの後始末に苦しみ、企業は先の見えない不安に苦しんでいた。
そんなどん底の日本にやってきたのが、“外資ファンド”。 巨額の不良債権を抱え身動きできない日本の金融機関を尻目に、不振企業を安値で買い集め、「黒船襲来」「ハゲタカ」と恐れられた。その外資の一つが、アメリカの投資ファンド「リップルウッド」(現RHJインターナショナル)だ。
日本長期信用銀行(現 新生銀行)、日本テレコム、日本コロムビア、シーガイアなどを次々と買収。その後の新生銀行の上場では売却収入を得た。
「ガイアの夜明け」は、2002年に「リップルウッド」の戦略と企業再生の現場を密着取材し放送した。あれから4年、日本経済は低迷を脱した。
 そこで4年前の取材現場をもう一度訪ね、外資ファンドの果たした役割を検証する。
彼らは、日本企業を安く買って、高く売り抜けるだけの“ハゲタカ”だったのか?
それとも、不振企業の救世主だったのか?



番組詳細はコチラ





(2006年7月11日放送)


「迷惑駐車は消えたか ~ママさん監視員の1ヵ月~」



 6月1日から改正道路交通法が施行され、違法駐車の取り締まりが大幅に変わった。大きなポイントは、都市部を中心に民間の駐車監視員が取り締まりに当たることと、監視員が違反と判断した時点で手続きが始まる“即アウト”方式に切り替わったこと。日本では初めてとなる駐車監視員制度は、施行初日にはトラブルも続出したが、迷惑駐車が減ったとの報告も出た。また、「駐車場ビジネス」に追い風が吹いているとも言われる。
 制度改正の現場を1ヵ月の節目で検証する。



番組詳細はコチラ





(2006年7月4日放送)


「伝統工芸 復活への道 ~職人の技をビジネスに生かせ!~」



 ブラジル発、世界で1億5000万足を売り上げるゴム草履のブランド、ハワイアナスが今年世界に向けて売り出したのが「京友禅モデル」。450年の歴史を持つ京友禅の老舗、千總(ちそう)とのコラボレーションで誕生した商品だ。千總の書庫に眠っていた明治・大正時代の柄にハワイアナスの担当者が惚れ込んで、サンダルの柄に採用した。
  一方、石川県の漆器メーカーが作った食器は、フランスの百貨店や高級セレクトショップを始め、世界30カ国以上の店頭に並ぶなど、日本の伝統産業は、海外でその価値が再認識されるケースが増えている。
 また、現代の日本の産業をささえるハイテク技術は、伝統工芸のものづくりが基礎となっているものも少なくない。「ものづくりの原点を消すな!」 低迷が続く、日本全国の伝統産業のつくり手たちが今、復活をかけて動き出した。
  職人の技術を生かした商品開発、デザイナーとのコラボレーション、販路の開拓、後継者育成・・・様々な取り組みを追う。



番組詳細はコチラ





(2006年6月27日放送)


「余生をどこで暮らしますか ~老人ホームビジネスに賭ける男たち~」



2006年6月、日本の人口のうち高齢者(65歳以上)の占める割合が5人に1人になったことが確認された。2025年には100人のうち27人が高齢者、うち17人が75歳以上となることが分かっている。 そんな中で、老人ホームビジネスが拡大している。民間が設立した有料老人ホームの数は2000年から2006年にかけて5倍以上となり、外食大手や人材派遣などさまざまな異業種が参入している。また、介護の現場で高齢者に接した経験から、理想の老人ホームをつくろうとする男もいる。 老人ホームビジネスに賭ける男たちに密着する。



番組詳細はコチラ





(2006年6月20日放送)


「緑茶のプライドを賭けた闘い」



今やペットボトルなどで気軽に飲むのが一般的となった緑茶飲料。その反面、次々と新商品が発売され、日本国内の緑茶市場はすでに飽和状態に近づいているという指摘もある。しかし、世界に目を向けて見ると、まだまだ開拓できる緑茶市場は豊富にある。健康・ダイエット志向から静かな緑茶ブームとなっている地域もある。



番組詳細はコチラ



(2006年6月13日放送)


「どん底から這い上がれ ~中小企業再生物語~」



巷にあふれる景気拡大感。しかし、中小零細企業の倒産数はなかなか減らない。信用調査会社によると、2005年度の企業破産件数は過去最多で、特に小規模企業の増加が目立つという。多くの中小零細企業経営者にとって、景気回復の実感はまだ余りないのが実情だ。ヤミ金融業者に追われ、すべてから見放された女性社長、老舗ホテルの経営が悪化して風前の灯の状態に陥った2代目社長・・・。それでも誰もが、再生への一筋の光明を目指して歯を食いしばっている。一方、景気回復を追い風に、大手金融機関が中小企業への融資に本腰を入れ始めた。企業数で見れば、日本全体の99%以上を占める中小零細企業。その再生への道のりを追う。



番組詳細はコチラ



(2006年6月6日放送)


「最先端!オーダーメード医療 ~あなただけの治療法 選びます~」



「オーダーメード」といえば、洋服や靴などが思い浮かぶ。同じような体形の人でも、人間の身体は一人ひとり違う。自分にピッタリ合ったものをつくってもらえば、既製品より着心地や履き心地が良いのはいうまでもない。そんな「オーダーメード」という言葉が、先端医療の世界で使われ始めている。それが、人間の体質に合わせて病気を治そうという「オーダーメード医療(“テーラーメード医療”とも言う)」だ。病気になった時に飲む薬。しかし実は、薬の効果は人によって大きく違う。同じ薬を同じ量飲んでも、効く人もいれば効かない人もいる。ところが、これまでは効く人にも効かない人にも同じように薬を投与することがほとんどだった。そうすると、自分には効かない薬を飲んで副作用に苦しむだけで快方に向かわず、最後には命を落としてしまう患者もいる。最近では、抗がん剤のイレッサが大きな問題となった。新しいオーダーメード医療は、遺伝情報などに基づいて患者一人ひとりに合った治療法を選択する。実現すれば、副作用を減らしつつ、もっとも効果の高い治療をすることができる。さらに、無駄な医療費を減らすこともできると期待されている。オーダーメード医療はどこまで進んでいるのか。最先端の医療に挑む人々に密着し、未来の医療の可能性に迫る。




番組詳細はコチラ



(2006年5月30日放送)


「地球を守るビジネス、あります」



今、日本で新たな産業分野が台頭を始めた。それが、「ロハス」という言葉に代表される環境配慮型の商品やサービスの事業展開だ。ロハス(LOHAS)とは、Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字、つまり「健康で持続可能な生活スタイル」のこと。アメリカでは、様々な企業が、健康と環境に配慮した「ロハスな生活」を送るためのオーガニック食品や自然素材を使ったファッションなどを展開し、その市場規模は約30兆円とも言われている。ロハス市場は日本でも広がりを見せている。これまで「環境」や「エコ」をうたった商品は、少々”お堅い”イメージがあったが、ロハスという言葉が注目され、「環境」や「エコ」はおしゃれでかっこいいという新感覚で、若い世代にも受け入れられ始めたのだ。値段が少々高くても環境や健康に配慮したロハス的は商品やサービスを選ぶ消費者が増え、10年後の市場規模は20兆円との見方もある。これまで「儲からない」と思われてきた環境・エコ商品市場に今、新たな波が訪れようとしている。そんな中、大手企業が環境活動に参加し、企業イメージを高めるだけの時代から、環境や健康に配慮した商品展開を、未来の循環型社会を見据えたビッグビジネスとして取り組もうと動き出した。環境とビジネスは両立するのか、日本企業の新たな挑戦が始まった。



番組詳細はコチラ




(2006年5月23日放送)


「激突!巨大家具メーカー」



世界最大の家具チェーンが日本に上陸した。スウェーデンの「イケア」だ。4月24日、千葉県船橋市の第1号店オープンには、平日にもかかわらず500人の客が行列を作った。イケアは、今後も日本国内で出店を増やす計画で、日本の家具市場もグローバル競争の時代に突入した。迎え撃つ日本勢は、家具業界の2強、「ニトリ」と「大塚家具」だ。日本最大チェーンのニトリは、家具の商品数を売れ筋の商品に絞り込む事で売り上げを伸ばそうという作戦に出た。一方で、大塚家具は、商売の原点である“接客とサービス”の充実で顧客獲得を目指す。大きな変革期を迎えた日本の家具市場。その新たな潮流を追った。



番組詳細はコチラ




(2006年5月16日放送)


「町の病院が消える日」
~地域医療の未来を描け~




全国各地で市立・町立などの公立病院が消えつつある。ここ数年のうちに、実に100近い公立病院が「公設民営化」「民間委譲」「統廃合」などによって公営でなくなってしまうと言われている。地方自治体が運営している公立病院の多くは、人口減少などのため厳しい経営状況にさらされている。総務省によると、公立病院のうち6割以上が、税金などの資金を注入してもなお赤字経営だという。



番組詳細はコチラ




(2006年5月9日放送)


「ファッションも鮮度が命」
~流行をすばやく追いかけろ~




ファッション業界では一般的に、デザインをしてから、商品が完成し店頭に並ぶまでに半年から1年かかるといわれている。つまり、発売する頃にどんな色のどんなデザインが流行しているのかを先々によんで、商品を企画していかなければいけないのだ。



番組詳細はコチラ




(2006年5月2日放送)


大空の安全を極めろ!
~女性パイロット誕生への道~




107人の犠牲者を出したJR西日本の列車脱線事故から1年、交通機関の安全対策は今どうなっているのだろうか。「安全確保」の最前線は、もちろん運行現場。JRの事故では運転士の判断ミスが大惨事を招いた。番組では今回、空と海の運行現場に着目し、安全確保への取り組みを見つめた。



番組詳細はコチラ




(2006年4月25日放送)


もう病気になれない!? 
~医療制度の危機 現場からの改革~



高齢化に伴う医療給付費の急増が、国家財政を圧迫し始めている。そして、国民健康保険料の不払いもじわじわと増え続けている。今、日本の医療制度は危機に瀕している。
そこで、小泉内閣は医療制度改革に着手した。その中身は、大幅な病床数の削減や高齢者の医療費負担増など。医療費抑制は避けて通れない喫緊の課題だが、一方で「“医療難民”を生みかねない」という声も強い。
そんな中、政府の改革案を待たずして高齢化に向き合い、医療費抑制に取り組む人々がいる。



番組詳細はコチラ




(2006年4月18日放送)


世界市場に花を売れ!
~知られざる キリンビールの野望~



日本の花市場は全体で約1兆2000億円。しかし大半が冠婚葬祭などの法人用で、一般家庭などの個人向けは3割程度に過ぎない。
しかし、世界を見てみると実は花産業は巨大なビジネスである。欧米では「花」は、「肉」・「魚」・「野菜」に次ぐ第4の生鮮品とも言われているのだ。



番組詳細はコチラ




(2006年4月11日放送)


できる新卒を採れ
~人材獲得大作戦~



バブル崩壊以降、“氷河期”とまで言われた就職戦線が今年、活況となっている。新卒採用を手控えていた企業も来春はかなり積極的な採用に踏み切る計画だ。背景にあるのは、企業業績が回復してきたことと団塊世代が大量退職する「2007年問題」。各企業は、これまでの採用抑制から、人材確保へと舵を切り、水面下での戦いが始まった。



番組詳細はコチラ




(2006年4月4日放送)


森が泣いている
~日本林業を復興せよ~



家を建てるなら木造の家、それも国産材で建てたいという人は今も少なくない。しかし、日本の林業は現在、深刻な危機に瀕している。
国土の7割近くが森林という日本には、かつては木をうまく利用する文化があった。そのため森林は、貴重な資源として大切に手入れされてきた。しかし、高度経済成長時代に安い輸入材が入ってくるようになり、国産材の価格は急落。林業は利益の出ない産業となり、衰退の一途をたどる。



番組詳細はコチラ





Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。