ストーリー

#05中二病引きずり男子・存在感ゼロ男子

標的はイマドキの部下“中二病引きずり男子”と“存在感ゼロ男子”。
商社の課長・吉岡卓郎(津田寛治)は、辞表を提出した部下を思いとどまらせるため、ほめる技術シミュレーションゲーム「世渡りWARS」に挑戦。
ゲーム上の指南役である大佐(手塚とおる)分析官(柄本時生)参謀(木南晴夏)の3人は、ほめるためには相手を分析し、絶妙なほめフレーズを見つけるよう熱弁する。
中間管理職がほめフレーズで部下と闘う、究極の戦いが幕を開ける!

ここでしか見られない名シーンがいっぱい!フォトギャラリー

PLAYER

吉岡卓郎

津田寛治

部下2人から辞表を突き付けられ、管理責任を問われる崖っぷち課長。世渡りWARSでイマドキ部下の褒め方に挑戦する。

BATTLE 1~正しい“中二病引きずり男子”のほめ方~

中二病引きずり男子 [戸賀里泰介]

前野朋哉

古い考えや、体制に噛みつきたがる、頭でっかちなイマドキの若者“中二病引きずり男子”。
吉岡課長が口にする“終身雇用”や“若いうちは”などの言葉にどんどん噛みつく。
小難しいことを語りたがる夢見がちな中二病引きずり男子もイチコロの褒めフレーズは!?

BATTLE 2~正しい“存在感ゼロ男子”のほめ方~

存在感ゼロ男子 [影野慎平]

碓井将大

圧倒的な影の薄さから、いるかいないかもわからないサトリ世代の申し子、“存在感ゼロ男子”。
しかし、彼らは注目されるのはプレッシャーだから嫌だが、自分の存在感のなさにも悩んでいた。
意外と聡明なだけに難しい存在感ゼロ男子もイチコロの褒めフレーズは!?

目指せ達人! 太鼓持ち検定

vol.5 正しい『中二病引きずり男子』『存在感ゼロ男子』の
ほめ方検定はこちら!!

ページの先頭へ戻るページトップへ

おすすめドラマサイト