ストーリー

#12愛する家族のほめかた

最終回は「愛する家族のほめかた」。
ほめる技術シミュレーションゲーム「世渡りWARS」で指南役の大佐こと岡部浩太郎(手塚とおる)は、父親である自分を避ける“素直じゃない息子”の福太郎(鈴木福)と向き合うため、分析官(柄本時生)参謀(木南晴夏)の援護を受けながらプレーヤーに挑戦。褒めのプロの岡部のはずが、自分のこととなると上手くいかず…。ほめフレーズで家族と心を通わせる、究極の戦いが幕を開ける!

ここでしか見られない名シーンがいっぱい!フォトギャラリー

PLAYER

岡部浩太郎

手塚とおる

世渡りWARSのゲーム内では絶妙な褒めフレーズを駆使するカリスマ援軍。
そして、現実世界でも巧みな褒めで接客する優秀なスーパーの店長。
しかし、肝心な自分の息子にはうまく声をかけることができずにいた…。今まで絶妙褒めフレーズを授けてきた太鼓持ちの達人が、一プレーヤーとして世渡りWARSに挑戦する。

BATTLE 1~正しい“素直じゃない息子”のほめ方~

素直じゃない息子 [岡部福太郎]

鈴木福

店長で客にホメを連発する姿を同級生からバカにされ、父親を避ける息子。
岡部がコミュニケーションを図ろうとしても拒絶する。
一番近い家族だからこそ、褒めることも難しい…

そんな“素直じゃない息子”の心をつかみ、円満な関係を取り戻すことができるのか!?

目指せ達人! 太鼓持ち検定

vol.12 正しい愛する家族のほめかた検定はこちら!!

ページの先頭へ戻るページトップへ

おすすめドラマサイト