世界卓球世界卓球

NEWS
日本代表男子 39年ぶりの銀メダル! 日本代表女子 2014年東京大会に続き銀メダル! 

NEWS

ニュース

【インタビュー】“神化するエース”石川佳純選手。真のエースたる彼女が手にしたメンタルとは

“福原愛2世”と呼ばれ、幼少の頃より実力を発揮し、日本女子卓球のエースとして着実に成長を続ける石川佳純選手。昨年のW杯では日本人初・史上最高の銀メダルを獲得し、現在は世界ランク5位とコンディションも上向き。貪欲なほどの向上心を持つ彼女がここ最近さらに強さを増している理由とは。そこには意外な心の持ちようがあった。


――現在のコンディションはどうですか?

W杯から、すごくいいコンディションで試合もできていると思います。練習も充実しているので、この流れに乗ってもっともっと強くなれるように頑張りたいと思っています。


――去年はケガによる欠場などもありましたが、振り返ってみてどうですか?

コンディションの波が激しい1年だったんですけど、メンタル的にはすごく成長できたと思いますね。


――以前ほど“エース”という呼び名にこだわっていないような印象があるのですが?

去年の全日本選手権は、「絶対優勝したい」とか「絶対勝たなきゃ」という思いが強かったんですけど、自分自身にプレッシャーをかけすぎずに「大きな大会でどれだけできるかやってみよう」という気持ちで試合に臨もうと思うようになりました。

それを教えてくれたのは、楽しんで卓球をプレーしている小・中学生の選手たち。彼らにはすごく感謝しています。ワクワクしながら楽しくプレーをすることで結果もついてくるんじゃないかと思っています。

自分が勝つことで応援してくれている人たちに恩返ししたいですね。


――グループリーグの印象は?

対戦相手となるどの国もレベルも高いですし、どの試合もすごく厳しい戦いになると思っています。


――自分の目標、チームとしての目標はありますか?

はい。自分としての目標も、チームとしての目標も同じだと思うので、まずはやっぱり予選リーグでしっかり勝ち星をあげること。私としてはやっぱり、勝ってチームに貢献できるように一戦一戦全力で戦います。


――世界卓球への意気込みを聞かせてください。

オリンピックに向けて最後の大きな世界大会になると思うので、自分の力をしっかり出して、オリンピックに向けても自信をつけていきたいです。

ニュース一覧へ戻る
ツイッター