勝村コラム

2019年1月11日(金) 中村憲剛

憲剛くんにはたまにラインする。以前なんとなくライン交換して以来、数は少ないがなにかの節目に連絡する。

憲剛くんの返事は丁寧だ。最初に連絡取り合った時から丁寧なのだ。以前、日本代表の時にも、後輩からとても愛されていると、吉田麻也くんから聞いたことがある。

フロンターレの成長は、中村憲剛くんの成長と同じである。フロンターレは腰が低い。丁寧に地元の方々と交流を重ね、親交を深めてきた。いい時期もあまりよくない時期も、サポーターとの交流を大切にしてきた。

サポーターも、どんな時期にもフロンターレを支えてきた。いい選手が入り、育ち、そしてチームを離れる。来年はという時に、完成しつつあったチームが壊れた。監督もたくさん変わった。戦術も変わった。

だが、何も変わらなかったのは、サポーターと中村憲剛だけだった。中村憲剛の苦しみがフロンターレの苦しみだった。中村憲剛の喜びがフロンターレの喜びだった。

そして、風間監督が就任して、チームは活性化した。チームも、フロントも、サポーターも、中村憲剛もしあわせそうだった。チームは美しく勝利を重ねるようになった。フロンターレのすべてがしあわせな時期を迎えた。

だが、何か足りない。決定的な何かが。それは、優勝という大きな結果だ。小さなことをコツコツと積み上げ、強力なチームに変貌したフロンターレに、中村憲剛に必要だったのは、優勝という大きな結果だったのだ。

アイデアマンの天野春果くんもチームを離れ、美しい戦術でチームを作った風間監督もチームを離れた。

フロンターレは迷走するかに思われた。だが、フロンターレには、中村憲剛がいたのだ。以前、海外からのオファーも、フロンターレに対する感謝の意を決して忘れない男は、チームを離れずにフロンターレで戦い続けた。迷走するどころか、新監督の下フロンターレは、中村憲剛は躍進を続けた。中村憲剛のフロンターレに対する感謝と信頼が、躍進のエネルギーになった。

そしてフロンターレは、中村憲剛は、Jリーグの最強のチームの人間にしか触れることの叶わない、輝く大きな皿、マイスターシャーレを初めて手にすることになった。

Jリーグの全サポーターが、中村憲剛がマイスターシャーレを掲げた時に、(仮のマイスターシャーレもありましたが、笑っ)納得した。どんなチームが優勝しても、敵対するチームのサポーターは、心から喜ばない。

当然のことだ。

しかし、中村憲剛がマイスターシャーレを、掲げた時に、すべてのサポーターがしあわせな気持ちになった。

こんな選手は、中村憲剛だけではないかと思う。心技体という言葉はよく聞く。中村憲剛は、心技体の前にサポーターを大切にする、フロンターレを大切にするという気持ちがある。こんな選手も中村憲剛だけではないかと思う。

今、世界中のサッカー界では大きな資本があり、信じられない大きなお金で選手が買われていく。世界中のどのチームも、チームの顔になるはずの、生え抜きの選手で、同じチームに骨を埋める選手がいなくなりつつある。

リバプールのスティーブン・ジェラードのようなレジェンドはいなくなるであろう。もちろん、ジェラードにもいろいろあったが。中村憲剛は、ある意味、ジェラードを軽やかに超えた。ジェラードは、優勝のかかった一戦で、自ら足を滑らせ、プレミア初優勝を逃した。

中村憲剛は、連覇という偉業を達成した。

もちろん、リバプールとフロンターレは、歴史も実績も大違いであることはわかっている。だが、私の中で、中村憲剛はスティーブン・ジェラードを軽やかに越えている。このJリーグの宝を、日本の宝を、フロンターレの宝を褒めても褒めても褒める言葉が足りない。

もっともっと、中村憲剛の事は書いていたいが、続きはまた来季の活躍を観てからゆっくり書こうと思う。そして、「久しぶり」とラインを送る。

何をするか、私の想像を軽やかに越え続ける中村憲剛。観ているだけでしあわせになれる選手には、そうそうお目にかかれない。来季もJリーグが楽しみだ。憲剛くんから、「ご無沙汰してます。ラインありがとうございます」という返事が来るのが楽しみだ。

ページトップに戻る