勝村コラム

2019年6月25日(火) 栄養

おりは小6の時に、町内会の野球チームのキャプテンだった。もちろんチームの柱だった。(何がもちろんなんだろ?笑っ)

ソフトボールでは、準優勝。

決勝戦で、味方のびっくりするようなミスがなければ、優勝できた。兄貴の時代のチームも、優勝候補だったが、味方のまさかの二度の同じミスで逆転負けしていた。なんか、不思議な、今で言う負の連鎖を感じた。

優勝できない兄弟。笑っ

だから、次はなにがなんでも絶対に勝つんだという強い気持ちで望んだ。ソフトボールの大会は終わってしまったが、次は軟式野球の大会が待っている。

最後の大会だ。負けるわけにはいかない。すごい練習した。すこい練習した。こんな素晴らしく、仲のいいチームが負けるはずがない。ソフトボールの決勝での敗戦を、心に強く刻んだ。

誰のせいでもない。女神のちょっとした、いたずらなのだ。みんなの気持ちはずっと一つだった。

軟式野球の決勝戦。日曜日。監督はいたが、おりの父親がコーチをやっていた。やきゅパパ。かな?笑っ

母親は、試合になるとたまに応援に来た。当時のままたちは、そんなもんだった。ままだって、平仮名だ。親父は、日本橋にある老舗の佃煮屋の職人だった。

老舗の佃煮屋は親戚である。日本橋の三越が大きなお客様だったようで、休みも三越にあわせて、月曜日だった。友達のお父さんは、みんな日曜日が休み。おりの父親の休みは月曜日。

なんか、切ない思いをしていた。試合当日も、親父は仕事だった。「決勝戦まで進んだら電話してくれ」と言われていた。チームはいい仕上がりだった。

おりはキャッチャーでキャプテン。ソフトボールでは、サードでキャプテン。

背番号を長嶋茂雄さんと同じ「3」にしたかったが、フォーストが背番号「3」で、サードは背番号が「5」と決まっていた。でも花形はサードだったので泣く泣く「5」番にした。笑っ。

当時ジャイアンツの「5」番は、ショートの黒江選手だった。

いぶし銀過ぎて、子供受けしない選手だったが、笑っ、V9時代の不動のレギュラーで、素晴らしいショートだった。何故、軟式でキャッチャーをやったのか、理由は忘れちゃったけど、自分からキャッチャーを選んだ。

今となって考えると、なんか、結果的にすごくよかった気がする。チームは順調に、決勝戦に駒を進めた。日本橋で働いている親父に電話で連絡した。職人は全部で、3人か4人くらいだったろうか?

親父は製造部長で、工場では中心だった。電話で結果を聞いた親父は、仕事を後輩に任せて、店のバイクで日本橋から埼玉の戸田市のグランドへ向かったのだ。今みたいにギスギスしていない、牧歌的な時代だったんだね。

連絡してから小一時間ほどたって、チームのユニフォームを着た親父が、バイクに乗って現れた。チームのみんなは、わざわざ仕事の途中で東京から応援に来てくれた親父のおかげで、さらにテンションが上がった。

決勝戦。結果は、見事に優勝。

本当はソフトボールで優勝したかった。完全制覇したかった。今でも悔しい。チームはみんな仲良しで、たくさん練習して、本当にいいチームに育った。監督ともコーチとも、みんな仲良しだった。

素晴らしい仲間と、素晴らしい指導者。一生忘れられない、宝物のような思い出になった。キャプテンのおりが優勝旗を掲げて、全員で記念撮影をした。

もちろん、親父も一緒に。親父はそのままバイクで日本橋の職場に戻った。父親が誇らしかった。なんか、うれしくてうれしくて、涙が出たのを覚えている。そんな六年生の時に、沖縄で海洋博が開かれた。

埼玉の蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市の三市から、子供会でなんらかの活動で活躍した子供を、沖縄海洋博に、格安で連れて行ってくれる企画があった。

当然のようにおりは選ばれた。

竹芝桟橋から、大きなフェリーで沖縄に向かった。当時の沖縄は、町ではドルもなんとなく通用していた。そんな時代。初めての船の旅行。

夜になると、空から星が落ちてきそうなほど、星に手が届きそうなほど、びっくりするほど星が近くて、びっくりするほど星が大きくて、びっくりするほど星がたくさんあって、どうしていいのかわからなくなって、星を見ながら訳の分からない感情が湧いてきて、自然に涙が出てきた。

それくらい感動的だった。

星がたくさんだったから、星って文字もたくさん使った。満天の星空もすごかったが、流れ星もびゅんびゅん落ちていた。こんなに流れ星ってあるんだって、とにかく驚いた。何もかもが初めての経験。このままずっと夜空を見上げていたかった。

太陽が登れば、照りつける陽の光が、痛いほど肌を焼き付ける。何時間経っても、海しかない。島影も見えない。いつまで経っても海しかない。海には、驚くほどの数の飛び魚が、びゅんびゅん飛んでいる。

飛び魚が、本当に飛ぶところも初めて見た。中には、100メートル以上飛んでく輩もいて、千のナイフが見えない敵に向かって、飛びかかっていくみたいだった。

あまりの飛び魚の数にも衝撃を受けた。たくさんのイルカが並走してきたり。あまりのパフォーマンスの多さに、目がぐるぐるした。埼玉の中でも、何もない、日本で一番小さな蕨という町で生まれ育ったおりには、自然の刺激が強すぎて、瞬きするのももったいないくらいだった。

沖縄に近づくにつれ、気候が変わってくるのがよくわかった。太陽光の強さ、温度湿度、空気。なにもかもが違う。

まるで別世界に紛れ込んでしまったかのような気持ちになった。このままだと、初めて行った沖縄のことを延々と書き続けてしまいそうなので、ここらでやめとかないと。笑っ

帰りは飛行機だった。(はやっ!)

飛行機に乗ったのももちろん初めて。初めて雲を上から見た、その美しさは、今でも忘れることができない。とにかく、凄い経験をさせていただきました。話しを戻しましょ。

町内会の野球チームで活躍したおりの背中に、地元の大人たちは甲子園という文字を見ていたに違いない。その期待を一身に背負い、中学生になったおりは、サッカー部に入ってしまった。(大笑い)

中でも、親父の落胆は大きかったろう。笑っ

だが親父は、何も言わなかった。母親も、ほとんど何も言わなかった。今から考えると、高校に入った時も、就職した時も、会社辞めた時も、芝居始めた時も、結婚した時も、何も言わなかった。

なんでだろ?

思えば、未だに理由を聞いたことがない。

子供の応援は、なんでも出しゃばらずに、積極的にしてくれてたけど、何かをやめたり始めたりする時に、親父は何も言わなかった。今考えると、なんて素晴らしい親父なんだろ?

おりの娘は、23才になった。考えてみれば、おりも娘に何も言わない。おりの親父と違って、おりは娘とたくさん話をする。今でもとても仲がいい。娘の高校時代、娘の彼氏と娘と3人でお茶したこともある。

娘の大学生の時、娘と彼氏と、彼氏のお母さんが、3人でおりの舞台を観に来たこともある。おりがチケット代金を払って。、、、なぜだぁ〜!笑っ

彼氏と娘が旅行に行く時も、なんにも言わなかった。昔、日本を代表するベーシストの吉田健さんと話した時に、健さんは、娘さんの彼氏と、2人で飲みに行くよ。と言っていた。

ただでさえかっこいい人なのに、さらにさらに、なんてかっこいい人なんだろうと感心した。普通ないでしょ?

なかなかね。

親は子供にどんなふうに接して行けばいいのかなんて、誰も教えてくれないし、わからない。人のことは、参考にならないし、どこにも当てはまらない。そう、どんなことにも、正解はないのだ。ただ正解があるとしたなら、いつも距離を置いて見つめていること。環境を作って、整えてあげること。

そして一番大事なのは、「愛」なのだ。

親のできることは、子供をしっかりと距離を考えて、愛し続けることなのだ。おりは、野球をやっていた時のこと、すべてがしあわせな思い出である。仲間、周りの大人たちも、未だに大好きである。

中学から始めたサッカーは、皆さまご承知の通り。未だに楽しくて楽しくてしょうがない。んで、今回のブレインは、フリーマガジン「サカママ」のプロデューサー、堤秀樹さんと、読者モデルの現役ママ、安井莉代さん。

内容は、そのまま。

サッカーをやっている子供のママたちのための、サッカー情報誌。このコラムで何度も書いていると思うけど、おりも地元のクラブチームで、子供たちとサッカーをやっている。

ような、教えてもらっているような。

もちろんそこには、子供たちの練習を見学している、ママさん、パパさんがいる。考えてみれば、そこに焦点を当てて見たことはなかった。パリ在住の後輩が、サッカーを子供たちに教えていて、見学しているパパさんたちにもサッカーを教えていると聞いたことはあった。

サッカー経験のないパパさんたちが、サッカーを始めることで、体力がアップして、サッカーを理解することで、子供と同じ目線の会話ができて、とても好評だと。だが堤さんは、パパではなく、ママに目をつけた。

そりゃそうだ。

日本は応援、見学に来るママの人数の方が、圧倒的に多い。そのママさんたちに、サッカーの情報を提供する。ママさんたちは、パパさんたちより仕事が多い。家事以外の、サッカーで散らかった掃除や練習で汚れたユニフォームの洗濯、普段や試合の時のお料理、お弁当、などなど。

そんな大変なことをこなしながら、サッカーの情報を集めるなんて、至難の業である。初心者サカママのために、ベテランサカママの体験談が掲載されていたり、ベテランサカママのために、サッカーの少しディープな情報が出ていたり。

仕事の多いサカママには、願ってもない情報誌なのだ。だが、問題もある。番組でもアナリストが体験談を何度も話してくれた。

親の干渉。

特にサッカー経験のある親が、子供にサッカーのコーチのようなことをする。専門的な知識のある親ごさんたちに、特に多いそうだ。子供は、親のコーチングと、クラブのコーチのコーチングの二つの説明を受ける。

子供は親に気を使い、クラブチームのコーチに気を使い、プレーも思考も混乱して、パフォーマンスが驚くほど落ちて、精神的にも不健康になる。親は子供のためを思って、一生懸命になる。

子供は親のため、コーチのために一生懸命になる。

クラブチームの抱える問題の一つである。誰も悪くない。この素敵な情報誌「サカママ」の役割は大きい。

子供たちが、サッカーが大好きで大好きで、楽しくて楽しくてしょうがないという気持ちが、一番大切だということが形になったものだから。

安井さんの素敵な笑顔、サカママさんたちの素敵な笑顔が、子供たちの大切な栄養になっている。日本中のサッカーを愛する子供たちのママさんたちみんなに、是非読んでいただきたい。
ページトップに戻る