勝村コラム

2019年10月13日(日) 概念

ブランドとは、ある財・サービスを、他の同じカテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念

ありがと、wikiくん。

考えたこともなかった。概念だったのか。確かに、チームを立ち上げて、勝利して、人気が出て、チームが大きくなって、どこに行ってもチームが知られていて、恐れられる。

チームがブランドになる。

まぁ、体験してわかったチームで言うと、松本山雅FCがわかりやすい例かもしれない。喫茶店で集う仲間がチームを作り、地元に愛され、J1にまで上り詰め戦い続けている。チームの規模としては、決して大きくないが、ブランドとしては、かなり大きい。

松本と言えば、松本城、松本山雅。

確かに、大きなブランドになった。おりは練習にも参加させていただいたからわかるが、選手層が厚いとは言えない。だが、地元のサポーターのみなさんの力が、チームの哲学が、プライドが、それぞれ一体となって、松本山雅という、大きなブランドに成長した。

松本山雅の強さは、松本という地域の、密接な、家族的な結びつきの強さだ。

昔、鹿島スタジアムに行って、石井元監督にお世話になったことがあるが、その時も、地元のおばあちゃんが、ジーコのスケジュールを理解していたことに驚いた。笑っ

小さな子供や、そんなおばあちゃんまでの、生活の一部になっていることが、ブランドになったということだろう。Jリーグの成長、クラブチームの成長が、概念になった。日本のサッカーが、アジアでNo.1のブランドになったのだ。

おりも舞台の世界になんとなく入って、なんでもない若者が、舞台に出演させていただき、少し名前を覚えていただき、映像に呼んでいただき、地方に行っても顔を見て指を指していただけるようになった。いただきいただきしているうちに、それぞれが頂を目指していくのだろう。

う、うまい。

勝村という、何でもなかった若者が、経験を重ねて縁と運と勘で、出会いを重ね、役者・勝村という概念になったということなのだろう。

すべてに同じことが言えるのだろう。

で、今回のブレインは、TEAMマーケティング・ヘッド・オブ・アジアパシフィックセールス、岡部恭英さん。岡部さんの話を聞いているうちに、「風が吹けば桶屋が儲かる」という、諺が思い浮かんだ。

諺は、ある事象の発生により、一見すると全く関係がないと思われる場所・物事に影響が及ぶことの喩えである。ありがとWikiくん。

岡部さんは、確信を持って風を吹かせ、計算できるギリギリまで様々な場所・物に影響を与え、偶然も想定して、経済もスポーツも活発にさせて、地方に力を与えて、最終的に、日本全体を元気にする。岡部さんは、自信に満ちたオーラのある人だった。厳しい戦いを続けたアスリートみたいだった。

そしてもう一人のブレインは、ビームスの社長の設楽洋社長。

ビームスは、とにかくセンスがいい。ビームスは、とにかく潔い。

よくわからないと思うけど、笑っ、昔からそう思っていた。世界中から、センスのいい物を集めて日本のセンス力を上げてきたビームスが、国内に目を向け、変わることのない伝統の素晴らしさに、センスを加味した。

もちろん伝統にセンスがないという意味ではない。完成された物の形を変えるのは難しい。すでに出来上がってしまっているから。バルサでサッカーをやりたがる選手はたくさんいるが、どんなにすごい選手でも、対応するのは難しい。

こんな例えで通じるかな?

どんなにすごい才能があっても、コラボレーションは難しいのだ。デンベレでも対応できていない。コウチーニョは、対応できず一年でいなくなってしまった。

逆に、カンテラ育ちで久保くんのチームメイトだったアンス・ファティは、当たり前のように活躍している。ビームスは、今まで当たり前過ぎて気づかなかったことを、別の角度から斬り込んで、びっくりするようなコラボを成立させている。

さすがとしか言いようがない。

概念。

ビームスを和訳すると、「概念」になるのかもしれない。

とにかく、フットワークが軽い。センスある人はみんなそうだ。伝統を守り、アイデアでビルドアップして、見たことあるようでない物を完成させる。まるで強いチームの試合を観ているようだ。

こういったコラボレーション、ハイブリットの創りだす強いスポットライトの当たる場所が、時代の先端なのだ。

昔も今も変わらない。

次にどんな場所にスポットライトが当たり、新しい概念が生まれるのか、楽しみで仕方がない。

ページトップに戻る