11月24日(水)

イカスパ

<材料 2人分>
  • スルメイカ     1杯
  • スパゲッティ    200g
  • タマネギ      1/4個
  • トマト       1/2個
  • ニンニク      1片
  • ローストアーモンド 20g
  • トマトピューレ   50ml
  • アンチョビ     1枚
  • 赤唐辛子輪切り   1本分
  • オリーブオイル   大さじ2
  • 白ワイン      大さじ1
  • 塩         適量
  • コショウ      適量
  • イタリアンパセリ  適量

<作り方>
  1. スルメイカはワタを取り出し、墨袋を取り除いてゲソの吸盤を落とす。
  2. タマネギ・ニンニク・アンチョビをみじん切りにする。
  3. トマトを1cm角に切る。
  4. スパゲッティを表示時間より1分短く茹でる。
  5. イカの胴とゲソを包丁で粗めに刻む。
  6. フライパンに、オリーブオイルの半量(大さじ1)・ニンニク・アンチョビ・赤唐辛子を入れて火にかける。
  7. 香りが立ったらイカワタを加え潰しながら炒め、タマネギを加えてしんなりするまで炒める。
  8. 叩いたイカを加えてさっと炒め、白ワイン・トマト・トマトピューレを加えて煮る。
  9. アーモンドをミルサーで撹拌して粉末にする。
  10. アーモンドの粉末・スパゲッティの茹で汁(80ml)を加え、塩・コショウで味を調える。
  11. 茹で上がったスパゲッティ・残りのオリーブオイルを加えてソースをよく絡める。
  12. 器に盛り、イタリアンパセリを散らして完成。

11月22日(月)

高橋善郎考案!「シャキシャキ大根とツナのポン酢サラダ」

<材料 2人分>
  • 大根     400~500g
  • ツナ缶    1缶(固形量70g程度)
  • かいわれ大根 1パック
  • 白ごま    大さじ2

  • ぽん酢       80ml
  • 昆布        1枚
  • 赤唐辛子(輪切り) 1本分

<作り方>
  1. 大根は皮を剥き、1cm幅の拍子木切りにする。
  2. かいわれ大根は根本を切り落とし、2~3cm幅に切る。
  3. ツナ缶はオイルを軽く切る。
  4. 昆布はキッチンバサミなどで1~2cm幅に切る。
  5. チャック付きの保存袋に拍子木切りにした大根、ぽん酢、昆布、輪切りの赤唐辛子を入れて空気を抜いて閉め、常温で15分ほど浸け置く。
  6. ボウルに大根を取り出し、かいわれ大根、ツナと和えて器に盛り付ける。
  7. 白ごまをふり、お好みで浸した汁をかけて完成。

11月22日(月)

高橋善郎考案!「あさりと大根の生姜みぞれ鍋」

<材料 2人分>
  • 大根        400~500g
  • あさり(殻付き)  250~300g
  • キャベツ      150g
  • シメジ       1袋(120g程度)
  • エノキ       1/2袋(100g程度)
  • 三つ葉       適量

  • 水         400ml
  • ショウガ(輪切り) 10枚
  • 白出汁       大さじ4
  • 酒         大さじ4
  • 桜えび       3g

<作り方>
  1. あさりは砂抜きをする。
  2. 大根は皮をむき、1/3料はすりおろし、残りは5mm幅の輪切りにする。
  3. キャベツはざく切りにする。
  4. シメジ、エノキは石づきを切り落として、粗くほぐす。
  5. 鍋に水、輪切りにしたショウガ、白出汁、酒、桜えびを入れてひと煮立ちさせる。
  6. 煮立った鍋に、キャベツ、シメジ、エノキ、5mm幅の輪切り大根、あさりをバランス良く入れてフタをし、あさりの殻が開くまで弱火で加熱する。
  7. すりおろした大根の水気を切る。
  8. 三つ葉をざく切りにする。
  9. あさりの殻が開いた鍋に、すりおろし大根とざく切りにした三つ葉を乗せて完成。

11月22日(月)

高橋善郎考案!「レンコンと鮭缶の南蛮漬け」

<材料 2人分>
  • レンコン 大1個
  • 鮭水煮缶 1缶(固形量180g程度)
  • カブ   中2個
  • シシトウ 8本
  • ごま油  大さじ1

  • めんつゆ(2倍濃縮) 100ml
  • 酢          大さじ4
  • 水          大さじ4
  • 鮭水煮缶の汁     全量

<作り方>
  1. レンコンを皮付きのまま5mm幅の輪切りにする。
  2. 鮭の水煮缶は汁と身を分け、実は粗くほぐす。
  3. カブは葉の部分を切り落とし、縦1/4等分に切る。
  4. シシトウはヘタを取り、数カ所に穴を開ける。
  5. ボウルに、めんつゆ(2倍濃縮)、酢、水、鮭水煮缶の汁を入れて混ぜ合わせ、タレを作る。
  6. フライパンにごま油を入れて熱し、レンコン、カブを入れて、焼き色がつくまで火を通す。
  7. シシトウを加えて、同様に全体に焼き色をつける。
  8. ほどよく全体に焼き色がついたらタッパーなどに移し、ほぐした鮭とタレを加えて浸したら完成。

11月22日(月)

高橋善郎考案!「レンコン団子の中華風スープ」

<材料 2人分>
  • レンコン   中2個
  • 春雨     80g ※お湯で戻したもの
  • シイタケ   4個
  • 水溶き片栗粉 適量
  • 小ネギ    適量

  • 豚挽き肉   100g
  • 片栗粉    大さじ1
  • 塩      少々
  • コショウ   少々

  • 水            500ml
  • 酒            大さじ4
  • 鶏ガラスープの素(顆粒) 大さじ1
  • しょう油         大さじ1
  • ショウガ(すりおろし)  小さじ1
  • 塩            小さじ1/2

<作り方>
  1. レンコン1個を皮付きのまますりおろす。
  2. もう1個は粗みじんにする。
  3. すりおろしたレンコンを耐熱皿に入れ、ラップをかけて600W約1分加熱する。
  4. シイタケは石づきを切り落として、縦半分に切る。
  5. ボウルに加熱したすりおろしレンコン、粗みじんのレンコン、豚挽き肉、片栗粉、塩、コショウを加えてよくこねる。
  6. こねたら、3~4cm程度に丸める。
  7. 鍋に水、酒、鶏がらスープの素、しょう油、すりおろしショウガ、塩を入れてひと煮立ちさせる。
  8. 丸めた肉団子を入れ、弱火でフタをして5分ほど煮て、1度取り出す。
  9. 鍋の出汁に水溶き片栗粉を加えてゆるめにとろみをつける。
  10. 鍋に、縦半分に切ったシイタケ、戻した春雨を加え、肉団子を戻してフタをし、弱火で2~3分ほど煮込み、小ネギを散らして完成。

11月17日(水)

ほうれん草のスープごはん

<混ぜごはんの材料 2人分>
  • ほうれん草(茎)  100g
  • ごはん       1合分
  • 合い挽き肉     50g
  • ニンニク      1片
  • ショウガ      1片
  • 唐辛子(輪切り)  1本分
  • ごま油       大さじ1
  • ウスターソース   大さじ1
  • しょう油      小さじ2
  • 卵黄        2個分

<スープの材料>
  • ほうれん草(葉)  50g
  • 鶏ささみ      1本
  • 卵白        2個分
  • 鶏がらスープ    400ml
  • 片栗粉       小さじ2
  • 水         大さじ2
  • ごま油       小さじ2
  • 塩         適量
  • コショウ      適量

<混ぜごはんの作り方>
  1. ニンニク・ショウガをみじん切りにする。
  2. 卵を卵黄と卵白に分ける。
  3. ほうれん草は柔らかめに茹でて水気を絞り、葉先(50g)と茎(100g)に切り分ける。
  4. フライパンに、ごま油・ニンニク・ショウガ・唐辛子を入れて火にかけ、香りがたったら合い挽き肉を加えて、色が変わるまで炒める。
  5. ほうれん草の茎部分を3cmの長さに切る。
  6. ウスターソース・しょう油を加えて混ぜ、ほうれん草の茎を加えてサッと炒める。
  7. ボウルに入れたごはんと混ぜ合わせ、器に盛り卵黄を乗せて完成。

<スープの作り方>
  1. 鶏ささみを4等分に切る。
  2. フードプロセッサーに鶏ささみ・茹でたほうれん草の葉先・片栗粉・水・塩を入れ、ペースト状になるまで撹拌し、卵白を加えてさらに撹拌する。
  3. 鍋に鶏がらスープを入れて火にかけ、塩・コショウで味付けをする。
  4. 軽く煮立たせたら、ささみペーストを少しずつ流し入れる。
  5. 先に鶏ささみと卵白を混ぜおくことでフワフワに仕上がる
  6. 仕上げにごま油を加えて、スープを器に盛りつけ完成。

11月10日(水)

ネギうどん

<材料 2人分>
  • ネギ      2本
  • うどん(細麺) 2玉
  • ニンニク    1片
  • ごま油     大さじ1
  • 出汁      400ml
  • みりん     大さじ1
  • 薄口しょう油  小さじ2
  • バター     15g
  • ショウガ    1片
  • 干しエビ    大さじ1
  • サラダ油    大さじ3
  • 柚子      1/2個
  • 塩       適量
  • コショウ    適量

<作り方>
  1. 干しエビを大さじ2の水(分量外)で戻し、みじん切りにして戻し汁も取っておく。
  2. ニンニク・ショウガをみじん切りにする。
  3. ネギの青い部分をみじん切りにする。
  4. ネギ2/3本分を斜め薄切りにする。
  5. ネギ2/3本分を白髪ネギに切る。
  6. うどんを規定に時間茹でる。
  7. 鍋にみじん切りにしたニンニク・ごま油を入れて火にかけ、ネギの薄切りを入れて、全体に油が馴染むまで炒める。
  8. 出汁・干しエビの戻し汁を加えて沸かし、4分ほど煮る。
  9. ハンドブレンダーに移して攪拌し、みりん・薄口しょう油・バターを加え、塩で味を調える。
  10. 小さめのフライパンに、みじん切りにしたネギの青い部分・干しエビ・ショウガ・塩・サラダ油を入れて火にかけ、油が温まったら火を弱め5分ほど加熱する。
  11. 柚子の皮をむき、果肉と分ける。
  12. 白髪ネギに、柚子の果汁を搾り、コショウを加えて和える。
  13. うどんを茹でて器に盛り、ネギスープを注ぎ、白髪ネギとネギ醤をのせる。
  14. 柚子皮を千切りにして散らし完成。

11月03日(水)

ちくわの串焼き

<材料 2人分>
  • ちくわ       2本
  • 鶏ひき肉      80g
  • プロセスチーズ   60g
  • コーン缶      40g
  • 青のり       小さじ1
  • 片栗粉       適量
  • サラダ油      適量
  • 水         大さじ2

<梅七味マヨネーズ>
  • マヨネーズ     小さじ2
  • 梅干し       1粒
  • 七味        少々

クミンガーリックソルト
  • 塩         小さじ1
  • クミンパウダー   少々
  • ガーリックパウダー 適量

<作り方>
  1. プロセスチーズを1cm角に切る。
  2. ちくわ2本を縦半分に切り、焼き目を下にして4枚並べ、竹串を4本刺す。
  3. ボウルに鶏ひき肉・プロセスチーズ・コーン・青のりを入れてよく練る。
  4. ちくわに片栗粉をふるいでふりかける。
  5. 肉ダネをちくわに乗せ、全体に広げる。
  6. フライパンにサラダ油を入れ、ちくわの肉ダネ面が下になるように入れ、軽く押し付けながら焼く。
  7. 鶏ひき肉に焼き色がついたら裏返し、水を加えてフタをして3分ほど蒸し焼きにする。
  8. 【梅七味マヨネーズ】種を取りのぞいた梅干しを包丁で叩き、梅肉・マヨネーズ・七味と混ぜ合わせる。
  9. 【クミンガーリックソルト】塩・クミンパウダー・ガーリックパウダーを混ぜ合わせる。
  10. ちくわが焼けたら取り出し、竹串ごとに4本に切り分ける。
  11. ちくわ串を器に盛りつけ、梅七味マヨとクミンガーリックソルトを添えて完成。